ソリトン、モバイル活用を支援するDMEの新機能と新サービスメニューを発表 Office 365対応とクラウドインフラサービスの提供でさらに使い易く

@Press / 2014年2月12日 15時0分

DMEクラウド新サービス
株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫、以下 ソリトン)は、スマホ/タブレット向けのセキュアなビジネス・プラットフォーム「DME(Dynamic Mobile Exchange)」の新バージョンを2月12日より販売開始します。Office 365への対応や、社内ファイルサーバーアクセス機能、ファイルの編集機能など、大幅に機能を強化しました。同時にDMEをソリトンのクラウドで提供する新サービスメニューを発表します。


DMEは、スマートフォンやタブレットを安心して業務に利用するためのビジネス・プラットフォームで、オンプレミスかクラウドサービスを選択できます。「セキュア・コンテナ」という、暗号化した領域をデバイス上に確保し、その中で電子メール/PIM(カレンダーやアドレス帳)および、セキュアなWebアプリ環境AppBoxを利用できます。
コンテナ内のデータとスマホ内の一般データとの間でやりとりはできません。会社はコンテナだけを管理し、万一の盗難紛失などの際には、リモートからコンテナ内のデータを削除できるなど、セキュリティ対策も万全です。


■DME新バージョン(DME 4.1 SP3)の主な機能強化点
・Microsoft Office 365対応
Exchangeに加えて、Office 365のExchange機能も利用できるようになりました。iPhone、iPad、Androidデバイスから、Office 365のメール、スケジュール、アドレス帳、添付ファイルの閲覧・編集が安全に行えます。

・社内ファイルサーバーアクセスを実現
セキュア・コンテナ内のAppBoxから社内のファイルサーバーにアクセスし、共有ファイルの閲覧、ダウンロード、編集、アップロードが可能になりました。デバイスにダウンロードされたファイルは全て暗号化されます。

・AppBoxと電子メール間のファイルの共有
AppBoxでは、SharePointなどのWebベースのシステムからもファイルをダウンロードできます。ダウンロードした文書は電子メールに添付して送信できます。また、メールの添付ファイルをファイルサーバーにアップロードすることもできます。ダウンロードされたファイルは、全てセキュア・コンテナ内で隔離され、暗号化されます。

・専用ビューア/エディタを使用した文書の作成・編集・保存
DMEには専用のビューア/エディタが搭載されており、セキュア・コンテナ内だけで、添付ファイルの作成や編集、ファイルサーバーや文書システムからダウンロードした文書の編集が行えます。オフィス文書(Word、Excel、PowerPoint)、PDF、テキストファイルに対応しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング