気鋭の独立研究者・森田 真生×グラフィックデザイナー・原 研哉“数学”と“デザイン”の化学反応!トークセッション開催(2月23日)

@Press / 2014年2月12日 9時30分

表面フライヤー
 株式会社水王舎(本社:東京都新宿区、代表取締役:出口 汪)は、『新潮』『週刊朝日』などで連載を持つ、期待の独立研究者・森田 真生氏と、グラフィックデザイナー・原 研哉氏によるトークセッション「CHOREOGRAPH LIFE ―情緒と創造―」を2014年2月23日に東中野・梅若能楽堂にて開催いたします。

▼イベント詳細はこちらから
http://suiohsha.jp/doks/choreographlife.html


1.「CHOREOGEAPH LIFE」のコンセプト
 森田 真生氏の“楽譜を読めない人でも気軽に楽しめる音楽のように、専門知識がなくても最先端の数学を楽しんでほしい”という発想から、「CHOREOGRAPH LIFE」の前身、「数学の演奏会」が生まれました。
 そして昨年より、東京地区では「数学の演奏会」は「森田 真生トークライブCHOREOGRAPH LIFE」と名前を変え、ライブハウスでのトークはもとより、能楽堂での能楽師とのジョイントライブ、廃校の教室での授業形式のトークセッションなど、様々な形に進化。毎回100名を超える方が“数学の調べ”に身をゆだね、楽しんでくださっています。
 「数学なんて大嫌いだったのに、理系の学問をもう一度学んでみたくなった」「自分の生き方を見つめ直す機会になった」との感想が多いのは、数学を「心を整えるためのもの」として提示する森田氏ならではのもの。観客リピーター率の高さから「なぜだかハマる森田数学」とも呼ばれています。

―― 数学って実は思想なんだ。生き様そのものなんだ。
 頭に新しい“モノサシ”が挿し込まれる「目からうろこ」体験がお待ちしています。


2.「情緒と創造」の見どころ
―― 岡 潔の夢見た「計算も論理もない数学」と、原 研哉が描く「デザイン」の理想。
 その見つめる先はひょっとすると、遥か地平線の彼方では、ぴたりと重なり合っているのかもしれない。(原 研哉著『デザインのめざめ』森田 真生による解説より)

 森田氏が師と仰ぐ伝説の数学者・岡 潔。彼は「数学の中心は情緒である」といい、また「計算も論理もない数学をしてみたい」と言ったという。
数学の中心が情緒?計算も論理もない数学?
我々が学校で教わった数学は、情緒とはかけ離れた存在ではなかったか。

 学校では決して教わらなかった心躍る数学観を奏でる森田氏は、原氏の『デザインのめざめ』の解説で興味深いことを述べている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング