ココフルカフェ、「ムスリムフレンドリー認証」を取得 九州では初めてイスラム教徒が安心して和食を楽しめる飲食店に

@Press / 2014年2月12日 10時30分

Pharmacy cafe COCOFUL
株式会社九州メディカル(本社:北九州市、代表取締役社長:波多野 稔丈)が運営するPharmacy Cafe COCOFUL(福岡市中央区天神)(以下「ココフルカフェ」)では、イスラム教の作法にのっとった料理を提供していることを示す「ムスリムフレンドリー認証」を取得しました。

Pharmacy Cafe COCOFUL(ファーマシーカフェココフル)ホームページ
http://cocoful.com/


■ムスリムフレンドリー認証を取得した経緯
ココフルカフェの提供するメニューは全て、動物性食品や乳製品、化学調味料を使用していないため、ベジタリアンの方や宗教上の理由で食事に対して制限のある方には望ましい飲食店です。
特にイスラム教には「ハラル」という食べ物があります。ハラルは「許された」「合法の」を意味する言葉で、ミルクや魚、野菜や穀類のほか、イスラム教の作法に従って処理された牛肉や鶏肉などがそれに当たり、それ以外の方法で処理された肉や、豚肉、アルコールは禁じられています。そのためハラルフードを提供する店舗や加工食品にはハラルマークが表示されています。また、九州ハラル協会では、ハラルフードを提供している飲食店や宿泊施設に対して、ムスリムフレンドリー認証を発行しています。
しかし、日本においては、うまみ調味料や、みりんなどにも禁忌物が含まれるため、限られた店舗数しかありません。そこでココフルカフェでは、国内や海外から来店するイスラム教徒の方々にも安心して食事を楽しんでいただけるよう、ムスリムフレンドリー認証を取得し、ハラルフードの提供を開始いたしました。


■ムスリムフレンドリー認証取得後の効果
「ハラル対応」としてムスリムフレンドリー認証を取得後、官公庁からのお問い合わせが増えており、福岡に来日する研修や観光目的などのムスリムの方々や、福岡に滞在しているムスリムの留学生の方々などに大きな影響を与えております。
今後はハラル対応を、店内で味わえるような食事だけではなく、お持ち帰りのできるパン、ハンバーガー、ケーキなどのような軽食まで拡げるとともに、ハラル対応の食品や調味料などを提供したいと考えています。


■ハラル対応メニュー
他の店舗でハラル対応をとっている飲食店は、その殆どがカレーやケバブのようなイスラム系の料理が多く、ハラル対応で和風料理を提供できる店舗はココフルカフェが初めての店舗となります。
特に「ヘルシープレート」は日替わりメニューとしてハラル対応で提供することが可能なため、和風料理を味わいたいムスリムの方々には人気があります。また、デザートとして人気のある「アサイーボウル」や「ロースイーツ」も乳製品や乳化剤が入っていないため、安心して食事ができます。また日本でハラルの「ハンバーガー」や「ペンネグラタン」を食べたことのないムスリムの方々に告知していきたいと考えています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング