高俊興業、開発期間2ヶ月でWindows MobileアプリケーションをiPadに移植

@Press / 2014年2月14日 9時0分

iPad版 伝票管理システム入力画面
 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区 以下:マジックソフトウェア)は、産業廃棄物処理業の高俊興業株式会社様(本社:東京都中野区 以下:高俊興業)が、”Magic xpa Application Platform”(以下 Magic xpa)を活用することにより、Windows Mobileで動作する伝票管理システムを、わずか2ヶ月間でiPadに移植し、大幅に業務効率を向上したことを発表致します。

【2010年に150台のWindows Mobile端末を導入】
高俊興業様は、2010年に150名のトラックドライバーが利用する伝票管理システム(With‘sシステム)をMagic xpaの前バージョンであるMagic uniPaaSで開発し、大幅な業務効率化を実現されていました。2013年になり、使用していたWindows Mobile端末が販売中止になったことをきっかけに、端末の入替を決断されました。
 マジックソフトウェア・ジャパンは、2013年4月にMagic uniPaaSの後継製品であるMagic xpaをiOSとAndroidに対応していたので、高俊興業様はiOSとAndroidのどちらに移植することも可能でしたが、検討した結果、iOS搭載のiPadが次期端末として選択されました。

【移植はスムーズに:操作性の向上に注力】
開発を担当された高俊興業株式会社、情報システム部の藤沢部長は、「Magic xpaはiOSに対応しているため、容易に移植ができた。デバイスにあわせた基本的なコーディングはMagic xpaに委ねることができるため、ユーザビリティに優れた画面設計に注力することができた。」と、Magic xpaを評価されています。
事実、移植は簡単に終えることができ、その余力を操作性の向上に注力することができました。180名に及ぶ各ドライバーの意見を集約し、ミーティングを重ね要望を画面設計に反映していきました。その結果、直感的に操作できるようになったため、操作の取得も早く入力に費やす時間も半減したため、業務の効率化と入力精度の向上につながりました。

※本事例の詳細については、マジックソフトウェア・ジャパンWebサイト内の以下URLに掲載しております。 http://www.magicsoftware.com/ja/stories/takatoshi

【Magic xpa Application Platformについて】
Magic xpaは、1つの開発環境と開発手法で、クライアント/サーバ、Webアプリケーション、RIAを開発できる、ビジネスアプリケーションに特化した開発・実行プラットフォームです。iOSとAndroidにも対応し、モバイルOS向けの開発言語を使用して個別に開発する必要がなく、一つの開発手法だけで両方のネイティブアプリケーションを短期間、低コストで同時に開発できる特長を持ちます。


■マジックソフトウェア・ジャパンについて
http://www.magicsoftware.com/ja
イスラエル本社を中心に、全世界50カ国以上のビジネスネットを持つマジックソフトウェア・エンタープライゼス(NASDAQ:MGIC)の100%出資による日本法人です。ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワーク「Magic xpa」と、サービス指向のシステム連携プラットフォーム「Magic xpi」の開発・販売を核に、さまざまなソリューションとサービスの提供を行っています。
現在、東京(本社)、札幌、仙台、信越、名古屋、大阪、岡山、 広島、福岡の全国主要9都市に拠点を構え、全国800社以上のパートナーを通じて製品を販売し、サポートおよびコンサルティング・サービスの提供を行っています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング