スキル共有サイト『ストリートアカデミー』、サービス開始から1年6ヶ月で受講者5,000人突破!

@Press / 2014年2月18日 12時0分

トップページ
ストリートアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤本 崇)は、当社が運営するスキル共有サイト「ストリートアカデミー」( http://street-academy.com )において、サービス開始から1年6ヶ月の2月15日時点で、累積受講者5,000人、登録ユーザー数13,000人を突破しました。


2014年1月末時点で、月間受講者数は727人とサービス開始月対比13倍、掲載講座数は767件とサービス開始月対比38倍に伸びています。

2012年8月のサービス開始以降、ストリートアカデミーは、写真教室、アプリ開発教室、エクセル講座から、ものづくりのワークショップまで、個人が開催する教室と学びたい生徒とのマッチングを提供するプラットフォームとして広がりを見せてきました。

登録している講師の中には、本業の傍らストリートアカデミーを使って3ヶ月で300万円以上の受講料収入を売り上げる人も出てきています。実績や生徒からの感想を蓄積するストリートアカデミーは、スキルを活かした個人の為の新しいブランディング・ツールとしても確立されてきています。

ストリートアカデミーは、今後も「学びを自由に!」をビジョンに、一人でも多くの講師を世に生み出し、社会人にとっての学びの選択肢を広げて行きます。


<ストリートアカデミーについて>
ストリートアカデミーは、個人が自分のスキルを共有する教室やワークショップを自由に開催し、学びたい人が参加できる、ユーザー参加型のまなびのコミュニティ・プラットフォームです。以下の特徴があります。

実名性・グループ参加型のマッチング:
マンツーマンではなくグループで、オンラインではなくリアルに集う「寺子屋スタイル」の学びを推奨し、安心して学べるようFacebook認証を使った実名性のユーザー登録を前提としています。

誰もが先生になれる:
スキルを持っていれば誰でも簡単に教室やワークショップが開催出来ます。講座の掲載は無料で、教室運営に必要な機能が揃っています。受講予約が入った場合のみ受講料収入の5%~15%を成果報酬(手数料)として頂く仕組みです。

個性豊かな学びのジャンル:
ヨガ、英会話、写真などの定番ジャンルの他、ウェブ制作や、DJ講座、靴磨き講座など、個人提案ならではの幅広いまなびを掲載。


<運営会社について>
会社名: ストリートアカデミー株式会社(英語表記:Street Academy Inc.)
所在地: 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25F
設立日: 2012年7月17日
代表者: 代表取締役社長 藤本 崇
URL  : http://www.street-academy.com

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ユーザー登録推移

@Press

トピックスRSS

ランキング