日本最大級の小売ネットワークがさらに拡大! ライフ全239店舗でカタリナ・ターゲット・メディアを導入開始

@Press / 2014年2月18日 14時0分

ライフ様店舗とレジ・クーポン
カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:若林 学、以下 カタリナ)が提供するカタリナ・ターゲット・メディアが、2014年2月18日から株式会社ライフコーポレーション(所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長兼COO(最高執行責任者):岩崎 高治、以下 ライフ)が運営する近畿圏ライフ137店舗で順次導入されることになりました。すでに首都圏の102店舗では導入が完了しており、今回の近畿圏店舗の導入より、ライフコーポレーションの運営する239店舗全店でカタリナ・ターゲット・メディアが発券可能になります。

「カタリナ・ターゲット・メディア」詳細ページ
http://www.catmktg.co.jp/media-products/


【カタリナ・ターゲット・メディアとは】
スーパーやGMS(総合スーパー)、ドラッグストアの買い物客に対してPOSと連動して提供される「レジ・クーポン(R)」を活用した、効果測定可能な新しい店頭メディアです。カタリナは、全体で世帯カバー率80%を超える小売企業各社を顧客とした日本最大規模のネットワークを有しています。同時に、大手消費財メーカーの参画により、カタリナが提供するレジ・クーポンは全国の主要小売37チェーンで利用可能です。この日本最大規模のネットワークをシンジケーション化することで、消費者の購買行動に直接アクセスし、嗜好性やニーズ、購買動向を把握できる強みを発揮しています。

導入企業にPOSデータに基づく詳細な分析情報を提供し、新商品プロモーション、購買行動のリサーチ、クロスメディア・プロモーションにご利用いただいています。約90%いう高い視認率を誇るカタリナ・ターゲット・メディアを活用することで、従来のマスメディアやプロモーションメディアでは訴求しにくかったターゲットに、より効果的なアプローチが可能になります。効果測定/分析情報は、次期メディアプランの最適化にも効果を発揮します。


【株式会社ライフコーポレーションについて】
ライフ様は、首都圏と近畿圏でおよそ239店舗を展開する食品スーパーです。「よい商品、よいお店、よいサービス」を目標とし、食品スーパーとしてお客様に信頼していただけるお店づくりに注力しています。
今回のカタリナ・ターゲット・メディア導入により、新たなお客様とのコミュニケーション手段の構築が可能になり、今まで以上にお客様の豊かな生活に貢献することを目指します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング