エルザジャパン HP ProLiant Gen8 Blade Servers専用 PCoIPオフロードカードを発売開始

@Press / 2014年2月14日 15時0分

コンピューターグラフィックスソリューションを展開しているリーディングカンパニー、株式会社エルザジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:世古口 誠)は、PCoIP専用プロセッサTERA 2800を搭載したTeradici APEX 2800シリーズにおいてHP BladeSystem専用の新製品「Teradici PCoIP Hardware Accelerator for HP ProLiant Gen8 Blade Servers (以下、APEX 2800 MXM)」の販売を開始いたします。


■製品の概要
「APEX 2800 MXM」は、従来VMware ESXサーバー内のCPUが行っていたPCoIPプロトコルのイメージエンコーディングを、CPUのリソースを使わずに処理させることが可能になります。そのためオフロードカードを搭載してないサーバーよりもCPUリソースを仮想マシンへ柔軟に割り当てることができます。また、ボード1枚で最大100ディスプレイのダイナミックなオフロードを実現しますので、1つのサーバーでより多くのユーザーをサポートし、集積率をあげることよって、ITコストを削減する効果が期待できます。
Teradici APEX 2800 MXMは、すべてのPCoIPゼロクライアントおよびVMware Horizon View(TM)ソフトウェアクライアントと互換性があり、VMware ESX/ESXi 4.1 Update以降、VMware Horizon View(TM)の4.6以降の環境で動作いたします。

Teradici APEX 2800 MXMの製品詳細はこちら
http://www.elsa-jp.co.jp/products/remotegraphics/apex_2800_mxm/index.html

発売開始予定:2014年2月末日


■日本ヒューレット・パッカード株式会社様からのエンドースメント
日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下:日本HP)は、株式会社エルザジャパン様のTeradici PCoIP Hardware Accelerator for HP ProLiant Gen8 Blade Serversを歓迎いたします。
エンタープライズ・クラスでのシステム導入においては、仮想化テクノロジーが広く採用されています。仮想化されたシステムにおいては、CPUの処理能力の効率的な活用が重要な課題になっており、PCoIPエンコーディング処理をCPUに代わって担うTeradici PCoIP Hardware Accelerator for HP ProLiant Gen8 Blade Serversは、コンピュータリソースの効率活用という観点で、大きなお客様メリットがあると考えております。日本HPとしても、弊社ブレードサーバーとの組み合わせにおいて、積極的に本ソリューションをプロモートしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング