オンライン英会話サービスの『ラングリッチ』、シンガポールプロサッカーリーグ『アルビレックス新潟・シンガポール』とスポンサー契約を締結

@Press / 2014年2月18日 12時0分

背番号は815(えいご)
オンライン英会話サービスの『ラングリッチ』( http://langrich.com/ )を運営する「ラングリッチ・ホールディングス・プライベート・リミティッド」(所在地:シンガポール、代表:大竹 智也、以下 ラングリッチ)は、2014年2月開幕のシンガポールのサッカーリーグ「S.League」で活躍するチーム「アルビレックス新潟・シンガポール」(所在地:シンガポール、代表:是永 大輔)とスポンサー契約を締結しました。

今回、海外の日本人プロスポーツチームとして世界で唯一の存在である『アルビレックス新潟・シンガポール』をスポンサーすることでラングリッチは同チームに所属する日本人選手・スタッフに英会話レッスンを提供します。シンガポールで戦う選手・スタッフらのニーズを取り入れ、将来的には東京オリンピック開催の2020年をターゲットに、世界で活躍する日本のサッカー人材の育成をサポートすることを目標としています。


◆世界で活躍するには言語の壁を乗り越えることが必要
プロスポーツ選手が世界で活躍するためには、監督やコーチ、他選手とコミュニケーションを取るため言語の壁を乗り越えることが必要です。また、日本とは異なる環境で生活するため、日常生活も全て外国語で生活をする必要があります。そこで、本来の競技に専念していただくため、ラングリッチでは世界に挑戦するスポーツ選手の英語力養成をサポートします。


◆忙しいプロスポーツ選手の方にもいつでも受けられるレッスン提供時間の長さ
ラングリッチのサービス提供時間は業界トップクラスの幅広さ。早朝5時から深夜1時までレッスン受講が可能なので、朝練前や昼間の空き時間、就寝前など、その日のスケジュールに合わせて自由に学習していただくことが可能です。


◆スマートフォン、タブレットでのレッスン受講も可能
パソコンだけではなく、スマートフォン、タブレットからもレッスンを受講することができます。世界のどこにいても、お手持ちの端末でインターネットに接続すればオンライン英会話のレッスン受講が可能です。


◆300を超える無料オリジナルテキストにより、世界を舞台に使える英会話力を養成
ラングリッチでは、「話す」ことに特化して設計されたオリジナルのテキストを無料で300以上ご用意しております。これにより、様々なシーンでの英会話を学習することができます。また、日本人が苦手とする「LとRの違い」が学べる、人気の発音トレーニング教材などの他、文法カテゴリ別・シーン別に表現が習得できる日常英会話教材、時事ニュースについて議論ができるニュースレッスンなど各種テキストを活用し、実用的な英会話力を養成します。


◆関連リンク
アルビレックス新潟・シンガポール
http://www.albirex.com.sg

ラングリッチ 学習テキスト一覧
http://langrich.com/texts


【『ラングリッチ』とは】
ラングリッチは完全マンツーマン制のオンライン英会話スクールです。レッスンはすべて無料音声通話ソフト「Skype(c)」を利用して行われます。「毎日25分話して4,980円」という、これまでの英会話サービスでは考えられない低価格で、「沢山話せる」英会話サービスをご提供しております。価格だけではなく、オフィスでの講師・レッスン・通信インフラの一元管理、継続した講師トレーニング、独自教材の開発など、様々な取り組みによって高品質なレッスンを提供しており、お客様には、価格以上の優れたコストパフォーマンスをご実感いただけます。


【『アルビレックス新潟・シンガポール』とは】
2004年よりシンガポールのサッカーリーグ「S.League」に参加。昨シーズンクラブ史上最高位の2位争いを繰り広げた。世界に羽ばたくサッカー選手を輩出するチームになるべく、サッカーだけではなく、世界とコミュニケーションが取れるよう英語教育にも力を入れている。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ユニフォームへのスポンサーネーム記載(1) ユニフォームへのスポンサーネーム記載(2)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング