第1回ご案内 “多文化共生” トークセッションをシリーズ開催

@Press / 2014年2月18日 12時0分

ゲスト:野口忍氏
龍谷大学は、 “多文化共生”をテーマにトークセッションをシリーズ開催いたします。これは、2015年4月に、国際文化学部をキャンパス移転・改組転換し、国際学部を設置すること(2014年4月設置届出予定)を記念するものです。

第1回目は、『スポーツを通じた国際的な出会いと多文化共生』をテーマに、3月1日(土)に実施いたします。スポーツを通じた国際的交流に焦点をあて、今後ますます日常化していくグローバル化に、日本人としてどのような意識をもって、世界の人々と共生を進めていくのか、国際社会の未来について、登壇者や視聴者の皆さまと共有する場にしたいと考えています。

登壇者には、アメリカNo1のスポーツバイクブランド「トレック・ジャパン」所属の野口 忍氏を、スペシャルゲストにお招きし、本学からは、元ラグビー日本代表で本学ラグビー部監督の大内寛文、国際文化学部教員をまじえ、登壇者各人が体験した多文化共生の大切さや難しさを題材に、国際社会において、日本人が、海外の人々と共生していくために必要なことについて、実践的な経験からの知恵やアイディアを語り合います。
今後、来年3月末までに、計3回を予定し、USTREAMで配信するとともに、観覧者の募集をおこないます。

                                  記

<トークセッション概要>
第1回テーマ  「スポーツを通じた国際的な出会いと多文化共生」
日 時 : 2014年3月1日(土) 13:00~14:30
会 場 : 龍谷大学大阪梅田キャンパス(大阪市北区梅田2-2-2ヒルトンプラザウエストオフィスタワー14階)
※会場には、駐車場の用意がございませんので、公共交通機関をご利用の上、お越しくださいますようお願いいたします。

ゲスト : トレック・ジャパン株式会社マーケティング統括 野口 忍氏 
龍谷大学国際文化学部卒業。10代後半から始めたマウンテンバイク・クロスカントリー競技にて、アジア選手権優勝、全日本選手権優勝など数々の大会で勝利を収める。2007年に選手引退後、現職となるアメリカNo1のスポーツバイクブランド「トレック」の広報として、スポーツ自転車の楽しさや素晴らしさを普及している。また現在も、趣味としてロードレースやトライアスロンなどに挑戦している。京都市出身。

龍谷大学登壇者 : 元ラグビー日本代表・本学ラグビー部監督 大内寛文、
国際文化学部長 ポーリン・ケント、国際文化学部准教授 チャプル・ジュリアン

■トークセッションはUSTREAM   http://www.ustream.tv/user/ryukoku-talksession で配信します。

<一般の方を対象に、トークセッション観覧者を募集について>
人   数 : 30名様  ※定員になり次第、締め切らせていただく場合がございます。
費   用 : 無料ご招待(事前申込必要)
申込方法 : メールにて、kouhou@ad.ryukoku.ac.jp 宛に、件名を「多文化共生トークセッション」とご記入の上
「お名前・性別・年令・ご住所・電話番号・メールアドレス・ご職業(差し支えなければ)」を送信ください。
申込期限 : 2月22日(土)まで

<国際文化学部のキャンパス移転、国際学部について>
本学は、多文化共生キャンパスの実現に向け、2015年4月、瀬田キャンパス(滋賀県大津市)にある国際文化学部を、深草キャンパス(京都市伏見区)へ移転・改組転換し、新たに国際学部を設置いたします(2014年4月設置届出予定)。国際学部は語学に加え、異文化理解のための知識や経験、好奇心・共感力等の感性を含むコミュニケーション能力をもち、国内外のグローバル化に対応できる実践力を備えた人間育成を目標としています。

以上
 

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

会場へのアクセス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング