次世代オープンプラットフォーム「Firefox OS」Webアプリケーション拡充をネオスが支援

@Press / 2014年2月24日 11時45分

画像
モバイル、インターネットソリューションを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田 昌史 以下ネオス)は、この度、一般社団法人 Mozilla Japan(本社:東京都港区、代表理事:瀧田 佐登子 以下Mozilla Japan)が開発・提供するWebベースの次世代プラットフォーム「Firefox OS」について、市場を拡充するための取り組みに賛同し、協力・支援を行うこととなりました。

ネオスは、従来よりWebベースでのスマートフォン向け開発について多くの実績があり、リッチかつ軽快に動作するUI(ユーザインタフェース)を実現できる3D描画エンジン【MatrixEngine】のHTML5アプリ制作ソリューション【MatrixEngine for JavaScript】をリリースする等、オープンプラットフォームへの対応をいちはやく進めてまいりました。
また、本年1月には、「Firefox OS」に関する技術者向けセミナーを開催し、多くのベンダーや技術者にご参加いただき、大変好評を博しております。

今回、ネオスは、Mozilla Japanの「Firefox OS」に向けた取り組みについて、賛同を表明し、「Firefox OS」の特徴でもあるHTML5やWebベースでのアプリケーション開発の活性化に協力・支援してまいります。

ネオスは、今後もスマートフォンにかかわる最先端の技術を活用し、更なるスマートフォン市場拡大へ寄与してまいります。


<ネオスについて>
【商 号】ネオス株式会社
【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館
【U R L】http://www.neoscorp.jp/
【設 立】2004年4月
【代表者】池田 昌史
【グループ事業内容】
◆ソリューション事業:アプリケーション・コンテンツ・ウェブにおける総合的な技術、ノウハウを応用して、顧客ニーズに対応したソリューションの提供を行う事業
◆プロダクト&サービス事業:開発したソフトウェア・システム・コンテンツ等のプロパティをライセンス、ASPサービス、コンシューマー・サービス等を通じて展開する事業

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング