すかいらーくグループがAPT社と『Test&Learn(TM)』プラットフォームのライセンス契約を締結

@Press / 2014年2月27日 10時0分

世界最大のクラウドベースの予測分析ソフトウェア会社であるアプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ(日本支社:東京都港区、日本代表:及川 直彦、以下 APT)は、日本最大のファミリーレストラングループであるすかいらーくグループと、APTのソフトウェア『Test&Learn』のライセンス契約を締結いたしました。本ソフトウェアはプロモーション、価格決定、折込広告、店舗の改装をはじめとするさまざまな経営上の課題に対し実験的なアプローチを行うものです。
APTはこれまでも、ウォルマート・ストアーズ、ターゲット・コーポレーション、スターバックス・コーポレーション、マクドナルド、ジョンソン・エンド・ジョンソン、アンハイザー・ブッシュ・インベブ、ホリデイ・イン、ヒルトン・ホテルズ・アンド・リゾーツといった世界の大手企業にライセンスを提供しております。

【APT シニア・バイス・プレジデント(日本代表) 及川 直彦のコメント】
「多くの経営の実務界、学会のリーダーの方々が、意思決定のための分析において、科学的な実験がその決定打であることにご賛同いただいています。しかしながら、こうしたタイプの分析を実践することは、多くの企業、とりわけ外食関連企業にとっては極めて困難です。セールスデータの変動率が高いこと、店舗、レストラン、マーケットごとの特性の違いがあること、成果を上げるために分析の早さが求められることなどがその理由です。APTの『Test&Learn』を用いたソリューションでは、特許を取得したアルゴリズムでノイズを減少させ、店舗を適切なテスト群とコントロール群として組み合わせ、実験プロセスを大幅に早めることでこれらの問題を解消します。私どものパイロット導入がすかいらーくグループ様において大きな成果を上げ、APTソフトウェアのライセンス契約締結に至ったことは大きな喜びです。今後すかいらーくグループ様とともに将来へ向けて多くの新しい実験に取り組んでいくことを楽しみにしております。」

【株式会社すかいらーく マーケティング本部
 インサイト戦略グループディレクター 神谷 勇樹氏のコメント】
「複数のブランドを抱える大規模レストラングループであるすかいらーくグループは、新規のアイディアを評価するため、堅牢で継続的に使うことのできるプラットフォームを必要としていました。たとえば、私どもは毎年数百にのぼる折込広告の投入やプロモーションの運用を行っています。『Test&Learn』を使うことにより、一部の店舗や顧客に向けたプロモーションを試みた上で、全体での導入に先立ってその効果を正確に評価できるようになりました。これはすかいらーくグループがプロモーション戦略を洗練し、次なるプロモーションへ向けた仮説を構築するうえで大きな助けになります。パイロット導入期間中は他の多くの領域、たとえば価格決定、店舗改装、メニューの見直しなどについての施策についても分析を行いました。『Test&Learn』の持つ大きな価値を確かめ、APTチームの手厚いサポートを受けた上で、当社はこのソフトウェアのライセンス契約締結という意思決定に大きな自信を持っています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング