第62回 日本観光ポスターコンクール オンライン投票締切迫る!3月10日(月)10:00まで

@Press / 2014年2月26日 14時0分

オンライン投票キャンペーンサイトトップページ
 公益社団法人 日本観光振興協会(所在地:東京都港区、会長:山口 範雄)が実施している第62回日本観光ポスターコンクールにおいて、日本各地の魅力を伝える49作品(91枚)の一般の方を対象としたオンライン投票の締切日が3月10日(月)に迫りました。

 これは地方自治体、各地の観光協会、企業などの組織が観光振興を目的として平成25年中に制作、または観光宣伝に活用したポスターの中から「ここに行ってみたい」「旅情を誘う」など印象に残ったポスターを1人3点まで選んでいただくもので、サイト上には日本各地の魅力を伝える観光宣伝ポスター49作品(91枚)が展示されており、投票結果は4月に行われる審査会で決定する「国土交通大臣賞(1点)」・「総務大臣賞(1点)」・「観光庁長官賞(1点)」・「日本観光振興協会会長賞」他とともに、日本観光振興協会のサイト上で発表いたします。

 なお投票していただいた方には、全国各地の名産を選べるギフトカタログを抽選で20名様に、Amazonギフト券1,000円分を抽選で200名様にプレゼントいたします。

 国内でしか味わえないような旅情溢れる観光宣伝ポスターが、特設オンラインギャラリーに数多く展示されています。投票の締め切りは3月10日です。たくさんのご投票をお待ちしています。


■オンライン投票専用サイト: http://compe.japandesign.ne.jp/poscon2013/vote
(または検索で「日本観光振興協会」)
■キャンペーン締め切り日:平成26年(2014年)3月10日(月)


 日本観光ポスターコンクールは、全国の観光宣伝ポスターの質的向上と国内観光振興の促進を目的として昭和22年より実施しており、今回で第62回目を迎えました。今年度は平成25年10月より募集を開始し、全国各地より189作品の応募があり、第1次審査により49作品(91枚)が選ばれました。その49作品を一般の方に投票していただくことにより、日本各地の魅力を伝えるポスターを知っていただくと同時に、「旅心をくすぐられた」作品を、消費者の目線から選んでいただくというものです。

 前回の国土交通大臣賞は、JRグループが出品し、株式会社ジェイアール東日本企画が制作した『岩手デスティネーションキャンペーン「東北で会おう。岩手で会おう。」』、総務大臣賞は大分県の豊後高田市観光協会が出品し、株式会社JTBコミュニケーションズ九州が制作した『千年ロマンポスター「再会NIPPON」』でした。

 投票していただいた方へのプレゼント(全国各地の名産を選べるギフトカタログを20名様、Amazon
ギフト券1,000円分を200名様)の抽選は、キャンペーン終了後に厳正かつ公平に実施し、当選者には
発送をもって代えさせていただきます。


≪投票キャンペーンの概要≫
・名称
平成25年度(第62回)日本観光ポスターコンクール オンライン投票キャンペーン

・投票サイト
http://compe.japandesign.ne.jp/poscon2013/vote

・オンライン投票期間
平成26年(2014年)2月6日(木)~3月10日(月)

・主催
公益社団法人 日本観光振興協会

・投票方法
ご当地の魅力をアピールする49作品の中から、「この地を訪れてみたい」「魅力な旅行先」と感じたポスター作品を1人3点まで選び、投票。
(重複はエラー。なお投票の際は、個人情報提供許諾を得た上で投票していただきます。)

・賞品
◆全国各地の名産を選べるギフトカタログ5,000円分(20名)
≪47CLUBオリジナルカタログギフト 贈りもの弁当≫
http://www.47club.jp/contents3/lunch_gift.html?intid=184_c
◆Amazonギフト券1,000円分(200名)


≪ポスターコンクールの概要≫
・名称
日本観光ポスターコンクール

・主催
公益社団法人 日本観光振興協会

・後援
国土交通省、総務省、観光庁、日本政府観光局(JNTO)、一般社団法人日本旅行業協会、一般社団法人全国旅行業協会、一般社団法人日本旅館協会、公益財団法人日本交通公社、公益財団法人日本交通文化協会、公益財団法人日本ナショナルトラスト、一般社団法人日本民営鉄道協会、定期航空協会、一般社団法人日本旅客船協会、公益社団法人日本バス協会、北海道旅客鉄道株式会社(JR北海道)、東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)、四国旅客鉄道株式会社(JR四国)、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)

・各賞
国土交通大臣賞(1点)、総務大臣賞(1点)、観光庁長官賞(1点)、日本観光振興協会会長賞、特別賞(該当作品がある場合)、入賞(日本観光振興協会より授賞予定)

・審査員
伊集院静(作家)、水戸岡鋭治(デザイナー、ドーンデザイン研究所代表)、左合ひとみ(グラフィックデザイナー、株式会社左合ひとみデザイン室代表、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会運営委員)、他に主催者・後援者による審査員

・審査会
平成26年1月下旬(第1次審査)
平成26年2月6日~3月10日(オンライン投票期間)
平成26年3月中旬(審査員による審査会の開催)

・結果発表
平成26年4月、日本観光振興協会WEBサイトに結果を発表し、日本観光振興協会情報誌に作品と講評を掲載。(「ツーリズムEXPOジャパン」会場にて表彰式を開催)

・問い合わせ先
公益社団法人日本観光振興協会、事業推進本部観光地域づくり部門
(担当:浦野・岩本・石井)
[電話]  (03)6435-8336
[Fax]  (03)6435-6921
[メール] kokunai@nihon-kankou.or.jp


≪日本観光振興協会 第62回 日本観光ポスターコンクール≫
(全49ノミネート作品のオンライン投票キャンペーン)
・オンライン投票専用サイト
http://compe.japandesign.ne.jp/poscon2013/vote
(または検索で「日本観光振興協会」)

・キャンペーン締め切り日
平成26年(2014年)3月10日(月)


≪組織概要≫公益社団法人 日本観光振興協会について
 公益社団法人日本観光振興協会は、我が国の観光振興に関する中枢機関(ナショナルセンター)として、我が国の観光の振興を総合的に図るための各種事業を行うことにより、観光立国の実現、地域経済及び観光産業の発展並びに国民の生活及び文化の向上に寄与するとともに、国際親善に資することを目的としております。

 当協会は、会員からの会費とともに、日本財団及び財団法人日本宝くじ協会からの助成金、都道府県観光協会(連盟)からの全国広域観光振興事業拠出金などを主な財源として運営されております。会員は全国約640の観光関係者により構成されており、その範囲も地方公共団体、観光協会、観光関係中央団体、鉄道、航空、観光関連企業等を網羅しております。


≪本件に関するお問い合わせは、以下にお願い申し上げます。≫
・一般のお問い合わせ先
105-0001東京都港区虎ノ門3-1-1 虎の門三丁目ビルディング6階
公益社団法人日本観光振興協会事業推進本部観光地域づくり部門
(担当:浦野・岩本・石井)
[電話]  (03)6435-8336
[Fax]  (03)6435-6921
[メール] kokunai@nihon-kankou.or.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

[昨年]平成24年度第61回の入賞作品(国土交通大臣賞)[昨年]平成24年度第61回の入賞作品(総務大臣賞)[昨年]平成24年度第61回の入賞作品(入賞)

@Press

トピックスRSS

ランキング