アトラシアン、エンタープライズ向けGit ソリューションを提供開始

@Press / 2014年2月28日 9時30分

情報を一箇所に集約
米国カリフォルニア州サンフランシスコ発-エンタープライズ・ソフトウェアのリーディングカンパニーであるAtlassian(以下 アトラシアン、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、2月28日に初のGit対応完全統合開発ソリューションとなる『アトラシアン Git Essentials』を発表しました。

『アトラシアン Git Essentials』: http://www.Atlassian.com/ja/solutions/git-essentials

これは、評判の高いアトラシアンの課題管理ソフトウェアJIRAを活用し、開発者の作業方法を大胆に改革するものです。課題、ソースコードのチェックイン、ビルドステータス、プロジェクト進捗状況などこれまでワークフロー全体にわたりサイロ状態で存在していた情報とアクションを集め、統一されたインターフェイスでソフトウェア開発チームに提供します。

「長年、開発者は開発プロセスの一部を管理するのに適した優れたツールをいくつも持っていましたが、ツール間に連結性はほとんどありませんでした」と、RedMonkの主席業界アナリストStephen O'Gradyは述べています。「アトラシアンはこの問題に注目し、より優れた統合開発サービスを提供することを目指しました」

この新しい『アトラシアン Git Essentials』ソリューションは、課題管理用にJIRA、アジャイル計画、開発用にJIRA Agile、エンタープライズ Git ソースコード管理用にStash、継続的インテグレーション用にBambooを揃えています。アトラシアン Marketplaceの充実したアドオン・エコシステムと、エンタープライズサポートサービスを提供するグローバルパートナーネットワークに支えられた『アトラシアン Git Essentials』は、ボーイング、シスコ・システムズ、LG エレクトロニクス、Planatir、楽天、サウスウエスト航空、Starz Entertainment、フォルクスワーゲン、その他多数の企業に使用されています。

「私たちは、開発チームが顧客にソフトウェアを迅速に提供する上で妨げとなる、数多くの頭痛の種を取り除きました」と、アトラシアン開発ツールビジネス部門ゼネラルマネージャーEric Wittmanは述べています。「私たちの目標は、開発者がソースコード作成に時間を費やし、マネージャーが確実に納期を守るために必要不可欠な情報を得ることができるように、ソフトウェア開発を最適化することです」

『アトラシアン Git Essentials』は、すぐに使えるエンタープライズ対応製品です。JIRA課題からシングルクリックで簡単にブランチを作成できるなど、他のGit サービスには見られない数多くのイノベーションを装備しています。ソフトウェア開発チームは、構造化されたGit ワークフローをすばやく導入でき、協同作業を行いやすく、安全で、効率の良い環境においてGit ブランチ作成機能などを活用できます。

「近年行った技術的な変更の中でもっとも成功したものの1つがGitへの移行です」とOrbitz Worldwide シニアソフトウェアエンジニアのAlex Holtsは語っています。「Gitにより、大量のツール改良リリースが可能になり、システム全体の自動化を高め、開発者の満足度とコラボレーションが増し、開発時間は20%以上も削減できました。アトラシアンのStashは、これらの改善を実行する上で極めて重要な役割を果たします。しかも、強化されたJIRAとの連係により、両方のツールの価値は飛躍的に高まります」


■開発マネージャーが重宝する機能:
 課題のステータスをリアルタイム表示するシングルビュー
ある特定の課題に関する情報を複数アプリケーションに保存するのではなく、『アトラシアン Git Essentials』では、開発マネージャーに対して、1つの課題の関連情報すべてをJIRA一箇所で提供します。JIRA開発パネルにおいて、割り当てられたタスクの詳細ビューを閲覧し、タスクとパーミッションを管理し、開発、テスト中のソースコードの情報などを閲覧できます。チームリーダーは、ビルド失敗時や、変更がまだマージされていない事を簡単に把握できるので、それに応じて決断をくだすことができます。

「JIRAと開発ツールの新しい連係機能を使うと、チームは、課題の作成から、開発、テスト、デプロイまで、その課題に関連するあらゆる情報を、1つの信頼できる明確な情報源から入手できます」と、Yellow Pages Group、QA ディレクターのMaurizio Menciniは語っています。「ペースの速いソフトウェア開発ライフサイクル環境で製品開発に関わるすべての人に向けて、アトラシアンはまた新しい性能を追加し、チームの開発ペースを支えてくれます」


■Git ワークフロー標準化への近道
Gitを導入するあらゆる開発チームにとって開発プロセスの標準化は不可欠です。Gitへの移行を検討する人々の多くが、チームやプロジェクトにマッチし、簡単にスケール拡大できるGit ワークフローを考え決定し、導入することに苦労します。すぐに使える『アトラシアン Git Essentials』は、シンプルなブランチワークフローを提供し、開発者はJIRAの課題をシングルクリックするだけで新しい作業ストリームを開始できます。スキルの高いソフトウェア開発チームは、このソリューションの拡張性を活用し、さらにワークフローをカスタマイズして既存のエンタープライズアプリケーションと統合できます。


■販売方法、価格
アトラシアンは、JIRA、JIRA Agile、Bamboo、そして、StashまたはBitbucketのどちらかを含む『アトラシアン Git Essentials』の30日間無料トライアルを提供しています。『アトラシアン Git Essentials』の100シートのライセンスは、ダウンロード(オンサイト版)は$12,800から、アトラシアン オンデマンド(ホスティングライセンス)は$600/月からとなります。詳細は下記サイトでご覧ください。

詳細: http://www.Atlassian.com/ja/solutions/git-essentials


■アトラシアンについて
アトラシアン製品を用いて、世界中のイノベーターが素晴らしいソフトウェアを計画し、開発し、リリースしています。Citigroup、eBay、コカ・コーラ、Netflix、ユナイテッド航空を含む、大規模から小規模まで33,000以上の組織が、アトラシアンの課題管理、コラボレーション、ソフトウェア開発製品を用いて、賢く働き、時間通りに高品質の製品を完成させています。詳細は下記サイトをご覧ください。

詳細: http://www.atlassian.com/ja/


<参考>
画像1: http://www.atpress.ne.jp/releases/43755/img_43755_1.png
『アトラシアン Git Essentials』では、開発に関する重要な情報がJIRA Agile内でシングルビューに集約されています。すべての課題についてエンド・ツー・エンドのトレーサビリティを簡単に実現できます。ブランチ作成、コミットとプルリクエストのステータス確認、ビルドやデプロイの監視、これらすべてをJIRA課題の中で実行できます。ワンクリックでアプリケーション間をスムーズに移動できます。

画像2: http://www.atpress.ne.jp/releases/43755/img_43755_2.png
『アトラシアン Git Essentials』では、プルリクエストは関連課題のステータスとビルド結果を表示する簡易的なダッシュボードにもなります。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

プルリクエスト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング