「Bizホスティング Cloudn」における拡張性の高い仮想サーバーサービスの米国データセンター提供開始について

@Press / 2014年3月5日 15時0分

 NTTコミュニケーションズ株式会社(略称:NTT Com)とグループ会社である米国Verio(ヴェリオ)社は、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn」(呼称:クラウド・エヌ)において、シンプルかつ安価な仮想サーバーサービスであるCompute(FLATタイプ)、サーバーへの負荷に応じて自動かつリアルタイムに仮想サーバーが増減する各種機能、Load Balancing Advanced(LBA)(*1)、Monitoring(*2)、Auto Scaling(*3)を米国データセンターで2014年3月6日より提供開始します。


1.サービス概要
 本サービス・機能は2013年3月より、東日本データセンターにて提供してまいりましたが、米国データセンターにおいても提供開始します。従来に比べ、本サービス・機能を活用することで、米国市場に対する拡張性の高いECサイトの開設や、日米間の分散や冗長による高信頼サービスの実現が可能となり、お客さまのグローバルビジネスの成長に貢献します。
 Compute(FLATタイプ)は、グローバルIPアドレス(*4)が割り振られたインターネットと直接通信できる仮想サーバーサービスです。Load Balancing Advanced(LBA)、Monitoring、Auto Scalingと組み合わせることで、突発的なアクセスへの対応が求められるWebサイトやコンテンツ配信サービスなどのサービス基盤の運用を常に最適なリソースで、効率的に行うことが可能です。(別紙1)
別紙1: http://www.atpress.ne.jp/releases/43820/att_43820_1.pdf


2.米国データセンターにおける各種サービスの利用料金
http://www.atpress.ne.jp/releases/43820/att_43820_2.pdf (別紙2)


3.提供開始日
2014年3月6日(木)


4.申し込み方法
以下のサイトよりお申し込みいただけます。
http://www.ntt.com/cloudn/


5.今後のサービス展開
 Bizホスティング Cloudnは、APACエリアのデータセンターへの拡大、アンチウイルスといった仮想サーバーのセキュリティ対策メニューの追加など、今後も安心・安全・シームレスにご利用いただけるようサービスを強化してまいります。
 また、機能拡充の詳細情報、構成ガイド、操作マニュアルなどのBizホスティング Cloudnに関する各種情報は、Cloudnインフォメーションポータル( http://info.cloudn-service.com/ )でご紹介しております。


*1:トラフィックを複数の仮想サーバーに負荷分散する機能
*2:仮想サーバーなど各コンポーネントのモニタリング機能
*3:設定したポリシーに応じて仮想サーバーを自動的に増減する機能
*4:インターネット上でコンピュータや通信機器に割り振られた他のアドレスと重複しない一意のIPアドレス

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング