ローグウェーブ ソフトウェア、大規模アプリケーション開発向けデバッガ『TotalView(R)』の新バージョン8.13をリリース

@Press / 2014年3月5日 10時30分

ローグウェーブ ソフトウェア ジャパン株式会社(所在地:東京都千代田区二番町5-5、代表取締役社長:小林 敏知)は、Rogue Wave Software, Inc. が、大規模並列デバッガ『TotalView』の新バージョン8.13をリリースしたことを発表しました。今回のリリースではSC12で発表した786,432コアのデバッグテストに成功した拡張性の高いアーキテクチャをご利用いただくことができます。最大規模のデバッグ記録を樹立したこのアーキテクチャは、最新世代のCray(R)およびIBM(R) BlueGene(TM)スーパーコンピュータおよびLinuxベースのクラスタでTotalView 8.12を超えるパフォーマンスの向上を示しました。

「この度、大規模システムをサポートする大幅に強化されたスケーラビリティや性能をお客様にご提供できることを大変嬉しく思います。私たちは、TotalViewが、何十万コアを超えて拡張するアプリケーションをデバッグするための最適なツールであることを誇りに思います。」と、ローグウェーブ ソフトウェアのプロダクトマネージャ、Chris Gottbrathはコメントしています。

さらに、TotalView 8.13は、動的並列処理機能を含むCUDA(TM) 5.0および5.5をサポートしており、NVIDIAの最新ハードウェアKepler K40でシームレスに利用することができます。

TotalView 8.13は、Intel Xeon Phiコプロセッサにも対応しています。TotalViewは、ホストプロセッサとIntel Xeon Phiコプロセッサの両方の計算能力が利用できるXeon Phiシンメトリックモードで動作するアプリケーションのデバッグが可能な初めての製品です。また、TotalViewのMemoryScapeは、Xeon Phiアプリケーションに対応した初のメモリデバッグソリューションです。

TotalView 8.13で提供される機能:
・スケーラブルなデバッグソリューションへのアーリーアクセス
・CUDA 5.0および 5.5のサポート
・Xeon Phiシンメトリックモードのサポート
・Xeon Phiネイティブおよびシンメトリックモードのメモリデバッグ
・Apple(R) Macintosh OS X Mavericksサポート
・大幅なパフォーマンスの向上

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング