マンション住民の地震対策、積極的な取り組みが急務!~マンションでの地震対策に関する調査報告~

@Press / 2014年3月6日 15時0分

支援プログラムイメージ図
株式会社つなぐネットコミュニケーションズ(代表取締役社長:石塚 和男、本社:東京都千代田区、以下 つなぐネット)は、同社の運営するマンション居住者のための情報サイト「マンション・ラボ」を活用し、マンション・ラボ リサーチ会員(以下 会員)のうち、一都三県と東北に住む会員を対象に、マンションでの地震対策に関する調査を実施しました。

「マンション・ラボ」は、マンション居住者を対象に、マンション生活に役立つさまざまな情報を発信する傍ら、会員に対してさまざまなアンケートを実施し、その結果を公開しています。

今回のアンケートでは自宅マンションで避難生活を送ることを想定しているにも関わらず、家具固定を行っていない人が多く、家族の安否に不安を感じながらも対策している人は少ない、という結果となりました。
マンション全体での対策についても、備蓄食料や備蓄品に加え、災害時に必要な名簿や防災マニュアルなどの備えの有無について、「わからない」と回答した方が多く、マンション全体での情報共有がさらに必要であることがわかりました。


■マンションの地震対策に関する調査結果【抜粋】
(自助編)
・マンション住民の8割弱が、地震発生後「自宅マンションで生活すると思う」と回答
「地震が発生した場合、どこで生活すると思いますか?」という質問には、77%が「自宅に留まって生活すると思う」と回答。一方、避難所で生活すると答えた人は9%に留まりました。

・自宅に留まるために重要な家具固定、行っていない人が半数以上に。理由は「面倒くさい」「必要ない」が多数
家具の固定は、「している」が48.9%、「していない」が51.1%という結果に。していない理由は、「面倒くさい」が32.2%、「特に必要性を感じない」が25%となりました。家具固定の重要性を啓蒙することや、手軽にできる製品やサポートが今後必要だと思われます。

・大地震が発生してもっとも不安な点は、「家族の安否」。しかし安否確認に必要な取り組みが不十分な結果に
大地震発生時に不安な点として、「家族の安否」という回答が最も多い結果となりました。次いで、「マンションの倒壊や損壊」「自宅での被災生活」「自宅内の家具や設備の被害」が多い結果に。一方、災害発生後の家族の集合場所や連絡方法については、60%以上の人が「決めていない」と回答。不安に感じながらも、具体的な対策には至っていない現状が明らかとなりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング