微糖のボトル缶コーヒー新発売!「ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆[微糖]」

@Press / 2014年3月4日 17時0分

ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆[微糖]
ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:高松 富博)では、「ダイドーブレンド」ブランドの美味しさをより多くの皆様に知っていただくため、「ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆[微糖]」を3月17日(月)より、コンビニエンスストア、量販店および全国の自動販売機等で発売いたします。


〈260gボトル缶/希望小売価格130円(税抜き)〉
http://www.atpress.ne.jp/releases/43900/img_43900_1.jpg
〈Blend is Beautiful. ロゴ〉
http://www.atpress.ne.jp/releases/43900/img_43900_2.jpg


●市場背景
「ダイドーブレンド」は、厳選したコーヒー豆を使用し、創業以来こだわり続けてきたブレンド技術を駆使して開発した、缶コーヒーのロングセラーブランドです。2012年秋のリニューアル以降、〈Blend is Beautiful.〉というブランドコンセプトのもと、ブレンドへの独自のこだわりが引き出す、豊かで複雑な味わいを広く訴求してまいりました。

今回新たに発売する「ダイドーブレンド 世界一のバリスタが選んだ豆[微糖]」は、世界一のバリスタ(※1)が選んだ豆をブレンドし、コーヒーの深みある味わいが、最後の一口までおいしいボトル缶微糖コーヒーです。
※1 ワールドバリスタチャンピオンシップ2012年チャンピオン ラウル・ロダス氏監修

ボトル缶コーヒーは、2008年比 260%(※2)と伸長し、今後の飲用意向では「微糖」商品を求める声が高くなっております。(図1参照)
一方で、ボトル缶微糖コーヒーの飲用経験者が未だ少なく、市場拡大の可能性を秘めております。(図2参照)
※2 全国清涼飲料工業会調べ(2013年)

図1・2: http://www.atpress.ne.jp/releases/43900/img_43900_3.jpg

そうした中で、ボトル缶微糖コーヒーに関する消費者調査を実施したところ、「コーヒーの深みある味わい」と「最後の一口までのおいしさ」に対して、ニーズと満足度の間に大きなギャップが存在していることが明らかになりました。(図3・4参照)
このギャップを解消すべく、しっかりとしたコーヒーの深みある味わいと最後の一口までのおいしさを持つ、微糖コーヒーを開発しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング