人気モデル 有末麻祐子、izu、尾崎紗代子の3名が提案する 手の届くリアルクローズブランド「SLY LANG」がTGC 2014 S/Sに登場!

@Press / 2014年3月5日 11時30分

有末麻祐子、izu、尾崎紗代子
株式会社バロックジャパンリミテッド(本社:東京都目黒区)の展開するアパレルブランド「SLY LANG」が、3月1日に代々木体育館にて開催された、日本最大級のファッションフェスタ『第18回 東京ガールズコレクション 2014 SPRING/SUMMER』(以下 TGC 2014 S/S)のTREND STAGEにて、ブランドリニューアル後 初のステージを行いました。


「SLY LANG」は2014 S/Sより、従来のブランドイメージから一転、ポップでキャッチーなトレンドをMIXさせたスタイルを手頃な価格で提案しています。
「SLY LANG」にとって、ブランドリニューアル後初めてのステージでの披露となった今回のTGC 2014 S/Sでは、アメリカンダイナーをイメージしたPOPな演出を行いました。


ランウェイには藤井リナをはじめ、ブランドのプロジェクトディレクターを務める有末麻祐子、izu、リミテッドコラボレーションを展開する尾崎紗代子 自らが登場したほか、斉藤夏海、鈴木あや、ラブリら9名が登場し、ステージを華やかに彩りました。
トップバッターを務めたのは人気モデルの藤井リナ。ニットワンピースにチェックシャツを合わせ、片手にクリームソーダを持って登場。ファンに手を振りながら笑顔でランウェイを歩き、観客から大歓声を浴びました。
続いて登場したのは、今シーズンよりプロジェクトディレクターに抜擢された、雑誌「ViVi」やテレビで活躍する有末麻祐子。SLY LANGのステージでは初登場の有末は、自身がプロデュースしたひまわり柄のビスチェとスカートのセットアップを着こなし、堂々たるウォーキングを披露しました。
また、同じくプロジェクトディレクターを務めるizuはスタイリッシュなジャガード柄ニットとホワイトのフレアスカート、リミテッドコラボレーションを展開する尾崎紗代子はクルーネックニットのビビッドなセットアップにルーズなシルエットのデニムジャケットを合わせ、共に春夏らしいコーデで登場。観客の視線を釘付けにしました。
そして、会場の熱気が最高潮に達する中、ステージの最後を飾ったのは人気モデルのラブリ。イエローのニットにデニムを合わせフェミニンに着こなしたコーデで登場し、来場した述べ3万3,100人を魅了しました。


▼SLY LANG コンセプト
EDGE&CASUALがテーマ。ストリートカルチャー、ミュージック、アートにインスパイアされた流行の最先端となるモデルが提案するトレンドアイテムに、ベーシックアイテムをMIXしたスタイルを提案。

【OFFICIAL SITE】 http://www.slylang.jp/


▼MODEL
藤井リナ、有末麻祐子、出岡美咲、尾崎紗代子、大石参月、脇田恵子、斉藤夏海、鈴木あや、ラブリ(順不同)

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

有末麻祐子、izu、尾崎紗代子有末麻祐子&izu&尾崎紗代子有末麻祐子

@Press

トピックスRSS

ランキング