アトラシアン、次世代型プラットフォームを開発者向けに提供開始 クラウド型JIRAとConfluence用アドオン開発が容易に

@Press / 2014年3月6日 10時30分

EazyBI for JIRA オンデマンド
米国カリフォルニア州サンフランシスコ発 - チーム向けコラボレーションソフトウェアのリーディングカンパニーであるAtlassian(以下 アトラシアン、CEO兼共同創業者:Scott Farquhar、Mike Cannon-Brookes)は、拡張可能な新フレームワーク「Atlassian Connect」を発表しました。
このフレームワークを利用して開発者は、クラウド型の課題管理ツール「Atlassian JIRA オンデマンド」およびコラボレーションツール「Atlassian Confluence オンデマンド」と緊密に統合できるアドオンを開発することができます。

「Atlassian Connect」ウェブサイト: http://connect.atlassian.com/

開発者は、1,500以上の商用および無料アドオンからなるエコシステム「Atlassian Marketplace」を介して、これらのアドオンをアトラシアンの33,000顧客に提供できます。2012年に「Atlassian Marketplace」をリリースして以来、同プラットフォームを介して製品を販売したサードパーティアドオン開発企業は、2,000万ドル以上の収益を上げています。

「Atlassian Marketplace」ウェブサイト: http://marketplace.atlassian.com


「クラウド型JIRAやConfluence向けにカスタム化されたアドオンに対する顧客からの需要は非常に増えています。」とAtlassian Marketplace ディレクターのNick Wadeは述べています。「弊社の次世代型開発フレームワークである『Atlassian Connect』を利用して、サードパーティ開発企業は安全かつスケーラブルなアドオンを簡単に作成でき、その製品を「Atlassian Marketplace」を介してアトラシアンのクラウド型製品を利用する何百万もの顧客に対して販売できるのです。同じ開発者として、彼らが自らの事業を成長させる手助けをできるのは嬉しい限りです。」

REST APIやJWT認証等の人気のあるウェブ標準を基に構築された「Atlassian Connect」フレームワークは、開発者が自ら選択したテクノロジースタックを利用して、アドオンをアトラシアンのアプリケーションに直接統合できるようにする追加モジュールを提供します。Zendesk、Lucidchart、Gliffy、Zephyr、Comalatech等は、初期に「Atlassian Connect」を採用したサードパーティパートナーです。今日、Atlassian JIRA オンデマンドおよびConfluence オンデマンドで利用可能な15のアドオンは既に600以上の企業に使用されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング