トップは剛力 彩芽、2位は上戸 彩~2013年年間テレビCM出稿動向まとまる~

@Press / 2014年3月6日 14時15分

タレント別テレビCM露出量上位10人
株式会社ビデオリサーチは、関東・関西・名古屋の3地区の各民放5局を対象に、2013年通期(1月~12月)のテレビCMの出稿動向をまとめました。
タレント別に出演しているCMの出稿秒数を見ると、3地区とも「剛力 彩芽」がトップで、「上戸 彩」が2位。3位は関東地区・名古屋地区で「井川 遥」、関西地区では「武井 咲」でした。

【タレント別テレビCM露出量上位10人(2013年1月~12月 関東地区)】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44059/img_44059_1.jpg

■TOPICS■~人気CM起用タレント、女性の平均年齢は29歳、男性は43歳~
今回は携帯キャリアのCMが3地区とも多かった為、それらのCMに出演しているタレントが露出量を伸ばしています。眺めていて特に「年齢層高めの役者さん、タレントさんが多い」と感じられましたので、試しに出演タレントの男女別平均年齢を算出してみました。(3月4日時点)
その結果、女性の平均は29歳、男性の平均が43歳と、実に男女間で14歳も隔たりがあることが分かりました。もちろん、高橋惠子(59歳)や、前田旺志郎(13歳)などの例外はありますが、ナショナルスポンサーのCM訴求にとって、女性タレントには「フレッシュ感」や「親しみやすさ」、男性には「実力のある」「安定感」などのイメージが求められているからかもしれません。

【関東地区、男女別CM露出量上位5名】
http://www.atpress.ne.jp/releases/44059/img_44059_2.jpg

※この調査は、ビデオリサーチのグループ会社である株式会社ビデオリサーチコムハウスが、上記3地区で独自の広告統計システムによりテレビ広告データの収集を行なっているものです。

■2013年の年間テレビCM出稿量の推移(テレビ局広報CMを除く民放5局合計)
2013年の年間CM総出稿量をみますと、昨年と比べて3地区共にスポットCMは微増し、番組CMは関東が減少、関西が横ばい、名古屋が微増、3地区の総出稿量は微増となりました。
また、各地区共に前半は減少傾向が続きましたが、関東、関西は6月頃より、名古屋は4月頃より増加傾向となっています。
※詳細は以下をご覧ください。
http://www.atpress.ne.jp/releases/44059/att_44059_1.pdf

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング