博報堂アイ・スタジオ、「データドリブン・クリエイティブ」チームを新設

@Press / 2014年3月12日 11時0分

データドリブン・クリエイティブ概念図
 株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社、東京都江東区、代表取締役社長:平林 誠一)は、生活者のWebアクセスログやPOSデータなど、多種多様なデータ収集から解釈までを行い、その結果をもとにクライアント企業のWebサイトやソーシャルメディアのクリエイティブ、統合コミュニケーションのデザインなどを提案する新組織として「データドリブン・クリエイティブ」チームを本日付けで新設しました。
 データ解析業務に携わってきた様々なスペシャリストが集結し、これまで培ってきた「クリエイティブ力」に、「データドリブン」なコミュニケーションのシナリオを掛け合わせることで、企業と生活者とのより深いエンゲージメントの実現を目指します。

 昨今、企業が取得できる情報は、日進月歩で多種多様化しています。企業は、それらのデータをひとつのデータベースに収めることで、新しいチャンスを捉えることも可能となってきています。例えば、WebアクセスデータとPOSデータを紐付け、ある生活者の実店舗での購買行動を把握することで、特定のWebページの閲覧が、その後の購買行動に影響を与えるという仮説を立てることができます。しかし、データが膨大になると、その「解読」に充てる時間が増大し、クリエイティブ構築するための「解釈」に充てる時間が減少してしまうという問題も発生します。今回新設した「データドリブン・クリエイティブ」チームは、クリエイターとプロデューサーが一体となり、高まるニーズに合わせ、その問題を高いクオリティでスピーディーかつ適切に解決する組織です。

データドリブン・クリエイティブ概念図
http://www.atpress.ne.jp/releases/44210/img_44210_1.jpg

※「データドリブン・クリエイティブ」チーム紹介Webページ:
http://www.i-studio.co.jp/seed/ddc/index.html


■「データドリブン・クリエイティブ」チームの特色
◎生活者の行動を把握するための「データ収集」:
 クライアント企業がなかなか取得できていないオープンデータを、クリエイターとプロデューサーが一体となり、これまで開拓してきたネットワークを最大限に駆使し幅広く収集します。

→収集する主なデータ(想定の一部)
 ・生活者意識調査データ
 ・ソーシャルメディア露出量データ
 ・PR報道露出量データ
 ・アクセスログ/インターネット視聴率
 ・検索ボリューム
 ・ID-POSデータ

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング