shibuya1000_006 シンポジウム「シブヤ東西合戦」開催!

@Press / 2014年3月12日 9時30分

渋谷は2008年の副都心線開通を皮切りに、都市の大改造が始まりました。工事中の風景が今後15年にわたって続きます。2012年の渋谷ヒカリエ開業、2013年の副都心線と東横線の相互直通化により、徐々に変化が形となって現れてきています。

変化し続けるまち・渋谷の真の魅力は「人」であるとの認識に立ち、生活文化拠点としての魅力を発信するアートイベント:shibuya1000は2008年に始まりました。渋谷を愛する地域の方々、クリエイター、大学、企業、団体等の有志が参加し、渋谷駅を中心とした公共的な空間で、1000人のポートレート展示、インスタレーション、映像、ワークショップなどの実験的なイベントを行ってきました。

shibuya1000は当初5年間を区切りとして行ってきました。目標は地域の方々を中心とした持続可能なまちづくり活動の場をつくることだったからです。
徐々にではありますが、地域の方々のみならず、地域外からも参加者が増えきたことを考えると、一定の成果が得られたと思います。

しかし、shibuya1000を続けたいという声に後押しされ、この度、第6回となるイベントを企画しました。私たちは次の5年をとらえるテーマとして、渋谷の「東西」に着目し、渋谷という都市の変化を見つめ、その魅力を発見し、伸ばす活動を展開していきます。今回はその宣言として、2014(平成26)年3月13日(木)にシンポジウム「シブヤ東西合戦」を開催し、今後の渋谷について皆さんと考え、新しい取り組みの契機としたいと思います。


■イベント概要
名 称:shibuya1000_006「シブヤ東西合戦」
    http://www.shibuya1000.jp
日 時:2014年3月13日(木)
    [第1部] 18:00~20:20
    [第2部] 20:30~22:00
場 所:[第1部] ケアコミュニティ・美竹の丘2F多目的ホール
          渋谷区渋谷1-18-9
    [第2部] Glorious Chain Cafe
          渋谷区渋谷1-23-16 cocotiビル1F
入場料:[第1部] 無料
    [第2部] 会費 一般2,000円 学生1,000円(当日支払)


■コンテンツ
[第1部]
  ご来賓挨拶:桑原敏武氏(渋谷区長)
  01:基調講演「都市の古今東西――多様性の由来」
    村松 伸(総合地球環境学研究所・東京大学生産技術研究所教授)
  02:「シブヤ東西凹凸合戦――谷底から見た渋谷」
    皆川典久(東京スリバチ学会会長)
  03:「写真で見る、渋谷東西タイムリープ」
    佐藤 豊(写真家)
  04:「渋谷の東西文化」
    西 樹(シブヤ経済新聞編集長)
  05:「渋谷と音楽」
    田中知之(FPM)× ☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)
    モデレーター:田村圭介(昭和女子大学)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング