「元祖カピバラの露天風呂」で知られる伊豆シャボテン公園グループ、当グループ再建の経営ノウハウを提供して全国のレジャー施設の支援を開始~『伊豆シャボテン ターンアラウンド!』レジャー産業の活性化を促進~

@Press / 2014年3月14日 16時30分

伊豆シャボテン公園
「伊豆シャボテン公園」、「伊豆ぐらんぱる公園」や「伊豆四季の花公園」などを運営する 伊豆シャボテン公園グループ(所在地:静岡県伊東市、代表取締役社長:浅利 睦男)は、『伊豆シャボテン ターンアラウンド!』と題して、当グループ再建の経営ノウハウを有効活用してくださるレジャー施設等を全国から募集し、同施設を積極的に支援いたします。

伊豆シャボテン公園グループ
http://shaboten.co.jp/


【『伊豆シャボテン ターンアラウンド!』目的と内容】
本企画は、当グループ再建の経営ノウハウを有効活用したいレジャー施設等を全国から募集、積極的に支援し、レジャー産業全体の活性化を促していくことを目的としています。具体的には、事業再生のシナリオ作り、財務リストラクチャリング、経営戦略立案サポート、オペレーション改善、PR活動支援などの経営コンサルティングを行います。対象施設様の希望によっては、当グループによる出資や事業運営受託も検討してまいります。さらには対象施設様が伊豆半島の東部にある場合は、当グループとシナジーが生まれるような直接的な事業アライアンスも検討してまいります。


【募集方法】
e-mailにて募集します。
会社名、担当者名を記入し、企画書を添付のうえ、下記アドレス宛にお送りください。
確認が取れ次第、事務局より順次連絡いたします。
なお、ご質問等も全てe-mailにて受け付けます。電話応対はしませんので、予めご容赦ください。

伊豆シャボテンターンアラウンド事務局
e-mailアドレス: turnaroundspr2014@gmail.com


【伊豆シャボテン公園グループの再建について】
当グループの完全親会社であるソーシャル・エコロジー・プロジェクト株式会社(東京証券取引所 JASDAQ 上場企業、当グループが売上高の9割を占める)は、経営成績では2012年3月期決算には6年ぶりに経常利益並びに当期純利益の黒字化、2013年3月期決算には7年ぶりに営業利益の黒字化を達成し、また財務状態では2013年6月には5年ぶりとなるエクイティ・ファイナンスを成功させ自己資本の拡充を図りました。未だ一社と係争を抱えてはおりますが、事業に関しては構造的赤字から脱却し「企業再生フェーズ」から「再成長フェーズ」に移行しております。
この再建の経営ノウハウを活かし、全国のレジャー施設等の支援をしてまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング