Veeva、2014年度の第4四半期および通年の業績を発表

@Press / 2014年3月14日 14時0分

ライフサイエンス業界向けの業務用クラウドソリューションのプロバイダーとしてリーダー的存在である、Veeva Systems Inc.【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州 プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、2014年3月4日、2014年1月31日を末日とする会計年度の第4四半期と通年の業績を発表しました。(本リリースは、2014年3月4日にVeeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)

「第4四半期、Veevaの3種類すべての製品ラインにおいて大きな進展がありました」とCEOを担当するPeter Gassner氏は述べています。「Veevaは、ライフサイエンス業界にとって最も重要な戦略テクノロジーのパートナーとなるという使命の一環として、Veevaの製品を利用するあらゆるお客様がすべての地域や部門において、成功できるよう全力で取り組んでいます。この四半期はその目標に向けて大きく前進しました。」


【2014年度第4四半期業績】
・収益:第4四半期の総収益は前年度同期の3,980万ドルから58%増加し、6,280万ドルとなりました。サービス利用料収入については前年度の2,410万ドルより89%増の4,570万ドルでした。
・純利益および非GAAP純利益(※1):第4四半期の純利益は前年度の570万ドルから10%増加し620万ドルとなりました。第4四半期の非GAAP純利益は950万ドルを記録し、前年度の600万ドルと比較すると59%増加しました。
・1株当たり純利益および非GAAP1株当たり純利益(※1):第4四半期の調整後1株当たり純利益は0.04ドル、非GAAP調整後1株当たり純利益は0.07ドルでした。


【2014年度業績】
・収益:2014年度の総収益は2億1,020万ドルで、前年度の1億2,950万ドルから62%増加しました。サービス料収入は1億4,660万ドルで、前年度の7,330万ドルより100%増加しました。
・純利益および非GAAP純利益(※1):2014年度の純利益は2,360万ドルで、前年度の1,880万ドルと比較して26%増加しました。2014年度の非GAAP純利益は3,010万ドルで、前年度の1,930万ドルから56%の増加となりました。
・1株当たり純利益および非GAAP1株当たり純利益(※1):2014年度の調整後、1株当たり純利益は0.18ドル、非GAAP調整後、1株当たり純利益は0.23ドルでした。
「売上高および純利益がVeevaの予想を上回る業績を達成したことについてご報告できることをうれしく思います」とCFOのTim Cabral氏は述べています。「特に、今年度はサービス利用料収入維持率が166%を達成したことに大変満足しています。既存のお客様に対してこのように収入を伸ばすことができたということは、Veevaがお客様の成功のためにいかに努力しているかを物語っています。」

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング