工場や農園の作業を自動化・テーマパークのアトラクションにも!中古ゴルフカートを使用した“走行スピード3倍・低コスト”の「無人搬送カート」システム設置取扱いを開始

@Press / 2014年3月14日 10時30分

無人搬送カート リモコン
中古ゴルフカート専門店としてカートの販売・買取・レンタル・輸出代行を取り扱う株式会社エヌエフコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役:中西 景久)は、中古ゴルフカートを利用し、安価に提供できる「無人搬送カート」のシステム設置取扱いを本格的に開始しました。

<特設ページ: http://www.nf-corporation.com/denji_yudo.html


■従来の無人搬送車より3倍速いスピード!中古カートだから低コストで導入が可能
「無人搬送カート」システムは、日本のゴルフ場でみられる電磁誘導の技術を応用しており、リモコンひとつでゴルフカートの発進・停止をコントロールでき、あらかじめ定めた場所での自動停止や減速も可能です。

当社の「無人搬送カート」システムは、新品同様にメンテナンスされた格安の中古ゴルフカートを活用することで、同程度の能力がある無人搬送車(AGV)よりも低コストで導入ができます。
「無人搬送カート」の走行スピードは、一般的なAGVに比べて3倍相当の最高時速12kmまで設定が可能です。積載は700kgまで、けん引は1tまで対応します。
また、電磁誘導線は、AGVが苦手とする砂利道でも難なく設置可能で、屋内外場所を問いません。
※設置費用例:コンクリート床/100m/停止3箇所の場合で約141万円(税別、カート代は別)


■工場業務や農作業を効率化!観光の目玉として子どもや高齢者の移動にも活用!
工場や農園で製品・収穫物などの搬送用として用いる場合は、工場自動化(FA)により作業の効率化・コストカットを実現します。すでに導入していただいている工場では、フォークリフトで何往復もする大変な作業が、無人搬送カートを使うことで楽に作業が進むようになりました。
また乗用としては、観光地、テーマパーク、スポーツ施設、霊園、病院、大学などで、子どもや高齢者の方々の足として利用され、すでに沖縄県のテーマパークなどで話題になっているように“観光の目玉”として活躍する可能性もあります。


■今の時代に最適!リーマン・ショック後に自動化率を高めた工場が増加
日経BP社が2013年11月27日に発表した、「生産技術の進化」について主に製造業のエンジニア(技術者)を対象に実施した調査の結果によると、リーマン・ショック後の5年間に生産ラインを刷新あるいは新規導入したという回答者が6割を超えました。さらに、「刷新/新規導入した生産ラインはどのようなタイプか」という質問に対して、「設備や機械、ロボットなどを導入して自動化率を高めた生産ライン」と回答したエンジニアが最多数の35.3%にものぼっています。「グローバル市場を視野に競争力を強化する動きが加速している実態が浮き彫りになっている」という同社の見解の通り、工場自動化はまさに今の社会に求められているシステムであるといえます。

@Press

トピックスRSS

ランキング