“神戸最大級の神戸新鮮市場から魅力店・スポット45店を紹介”神戸湊川のまちの魅力を詰め込んだ小冊子『神戸湊川 暮らし上手』を制作

@Press / 2014年3月18日 10時30分

『神戸湊川 暮らし上手』
 神戸湊川地区では、地域づくりの一環として、湊川公園において月1回「湊川公園手しごと市」を開催し、まちの魅力のPRに努めています。1年半あまりで、関西でも有数の規模となり、次なる展開が期待されるところになりました。
 そこでこの度、「湊川公園手しごと市 実行委員会」では、新たな「湊川ファンづくり」の一環として“神戸湊川”のまちの魅力を詰め込んだ、小冊子『神戸湊川 暮らし上手』を制作しました。


■『神戸湊川 暮らし上手』とは
 『神戸湊川 暮らし上手』では暮らしを豊かにする“暮らし上手”をコンセプトに、商店街としては神戸最大の店舗数をもつ神戸新鮮市場から“手仕事”、“目利き”にこだわった選りすぐりの店舗を紹介しています。また、この商店街・市場が“神戸の台所”と呼ばれる所以や、知られざる魅力、新しいスポットを紹介し、特に25~45歳くらいの女性層を中心に共感度の高い情報内容・デザインとなっています。

 これまで湊川地区では、スポット的な店舗取材はあったものの、「市場」が日常的に商品内容の動きが激しいという特性もあり、一般の方々にまとまった情報提供を行うことが困難でした。そのため、この市場や地区の本当の魅力が、ご近所の限られた方々にしか伝わっていなかったものと考えています。

 これだけの規模の市場型商店街をまとめて個別に取り上げることは、大変珍しい取り組みで、ユーザーの方々にとっても大変便利でわかりやすいものになっています。なお、この小冊子は、毎月第4土曜日に開催している「湊川公園手しごと市」当日に、会場にて「湊川ファン登録」を行っていただいたお客さまに配布しています。


■「湊川公園手しごと市」について
 湊川公園は、兵庫区の中心に位置する公園です。三宮から電車で5分。神戸電鉄・湊川駅や神戸市営地下鉄・湊川公園駅からもすぐ。現在リニューアルが進むこの湊川公園で、地元・湊川地区の商業者が中心となって、公園を守り育てる活動として行われるのが、「湊川公園手しごと市」です。

 毎月第4土曜日に定期開催され、絵画やガラス・木工・陶芸・雑貨・アクセサリーなど、作家自らデザインし手作りしたものを出展する「クラフト&アート」のブースや、天然素材のジャム、アレルギー除去されたパン、お菓子などの素材にこだわった「からだにやさしいフード」ブースが並びます。2012年6月からスタートし、出展数は毎回120~150店、3,000~4,000人の来場者で賑わっており、定期開催の手作りクラフト系イベントとしては、出展者数・来場者数ともに神戸最大規模となっております。

@Press

トピックスRSS

ランキング