日本分析機器工業会が先端診断イノベーションフォーラムをシンガポールにて3月24日に開催

@Press / 2014年3月19日 11時0分

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:服部 重彦/ 株式会社島津製作所 代表取締役会長)は、シンガポール科学技術研究庁 生物医学研究会議(A*STAR-BMRC、所在地:シンガポール、議長:ジョージ・ラッダ)の協力のもと、先端診断イノベーションをテーマとしたフォーラムを2014年3月24日(月)にシンガポールで開催します。

本フォーラムは、JAIMAと一般社団法人日本科学機器協会(JSIA)が主催するアジア最大の分析機器・科学機器の展示会JASISの関連企画として先端診断ビジネスの開拓を目的に行われるもので、シンガポールが国家として推進するバイオサイエンス戦略拠点A*STARのアプリケーション研究と、JASISに参画する日本の分析・計測企業群による装置開発力の融合を促進し、先端診断機器および創薬支援技術のイノベーション、及びそれら技術の産業化の加速に貢献するための場と位置付けられています。研究支援製品開発から先端診断機器・試薬等の製品開発に向かう新たな流れをつくり、産業化を加速させるための相互協力体制を将来構築する、その第一歩となることが意図されています。


【フォーラム概要】
Advanced Diagnostics Forum
主催  :一般社団法人日本分析機器工業会
協力  :A*STAR-BMRC
日時  :2014年3月24日(月) 9:00~16:55
場所  :シンガポール バイオポリス内Matrix棟
     Breakthrough 及び Discovery会議室
定員  :150名(予定)
使用言語:英語
聴講料 :無料

申込方法:
JAIMAまたはJASISウェブサイトの専用フォームからお申し込みください。

当日プログラムスケジュール:
http://www.atpress.ne.jp/releases/44430/att_44430_1.pdf


【参考情報】
<なぜシンガポールなのか?>
シンガポールは、バイオサイエンス領域の研究開発を促進する計画を立て、その一環として「A*STAR」を構築し、「バイオポリス」という研究・ビジネスパークを建設しました。そこに著名な研究者を世界から招聘し、特に、遺伝子研究や実証データを取りやすい環境の整備に注力してきました。その結果、現在では、世界から多くのベンチャー企業、製薬開発プロジェクトをシンガポールに進出させることに成功しています。
今回のプロジェクトに関し、JAIMAはこのようなシンガポールの良好な条件に注目し、A*STARとの連携を強化して日本の分析計測機器開発とシンガポールのアプリケーション研究の融合を図ることができれば、先端診断および創薬支援技術のイノベーションの加速と産業化促進に貢献できると判断しました。

@Press

トピックスRSS

ランキング