“カンボジアの子どもたちと日本の子どもたちとの架け橋に”カンボジアの孤児院の子どもたちの絵を「卒業アルバム」デザインに追加 ~ アルバムの売上の1%をカンボジアの子どもたちに学費として寄付 ~

@Press / 2014年3月19日 10時0分

カンボジアの子供達の絵で作ったアルバムデザイン1
 卒業アルバムドットコムを運営する、株式会社夢ふぉと(所在地:大阪市中央区、代表取締役:林 さゆり、以下 夢ふぉと)では、カンボジアの孤児院の子どもたちの絵を使って「卒業アルバムのデザイン」を新しく作成いたしました。また、そのデザインを使ってアルバム制作を依頼すると、アルバムの売上の1%をカンボジアの子どもたちの学費として寄付していく取り組みも開始しました。

夢ふぉとチャレンジ: http://www.yumephoto.co.jp/company/challenge


【企画の背景】
 夢ふぉとは、全国の卒業・卒園アルバムをインターネットで展開している企業です。「卒業アルバムドットコム」や「卒園アルバムドットコム」を運営しており、全国の学校・幼稚園、その他世界の国々の日本人学校等からもインターネットで注文を受けています。

「卒業アルバムドットコム」: http://www.sotugyoalbum.com/
「卒園アルバムドットコム」: http://www.sotsuenalbum.com/

 代表の林 さゆりは、創業間もないころからずっと継続して東南アジアの発展途上国の子どもたちの学費支援や学校建設に積極的に取り組んで参りました。この度、学校建設の寄付がきっかけとなり、カンボジアの孤児院の77人の子どもたちに絵を描いてもらい、その絵を用いた「アルバムデザイン」が完成しました。

 プロのデザイナーが制作するデザインはどこの会社にもあり、作成も容易ですが「より温かみがあり「夢ふぉと」らしいデザインは?」と考えたときにふと思いついたのがカンボジアで出会った子どもたちの絵を使うことでした。「温度のあるアルバム作り」※を提案し続けている夢ふぉとらしいデザインであり、日本の子どもたちとカンボジアの子どもたちとの架け橋になれるきっかけ作りとして今回、作成いたしました。

※温度=人の体温、温かな思い出が伝わるような血のかよった温度のあるアルバムという意味。

<夢ふぉと代表 林 さゆりの想い>
 日本の子どもたちがカンボジアの子どもたちの事を少しでも知ってもらえる機会を「卒業アルバム」という媒体を通じて作れたら嬉しいなと思いました。また、このデザインを選んでアルバム制作をご依頼いただいたお客様には、もれなくアルバム代金の1%を子どもたちの学費として寄付していく仕組みも作りました。ほんのわずかでも日本とカンボジアの子どもたちの「架け橋」になれば嬉しいですね。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング