『HOME'S』、首都圏不動産公取協の違反物件情報等の共有に参加

@Press / 2014年3月25日 13時0分

総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト『HOME'S』を運営する株式会社ネクスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、このたび公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(以下「首都圏不動産公取協」)のポータルサイト広告適正化部会(以下「部会」)が実施を決定した、違反物件情報等の共有に参加いたします。


■違反物件情報等の共有について
首都圏不動産公取協の部会による決定では、インターネットにおける不動産広告の表示の適正化を効果的、かつ、効率的に推進することを目的として、以下の方策を2014年4月より適宜開始することとなりました。
1. 部会の構成各社及び首都圏不動産公取協が認定した「おとり広告」等、不動産の表示に関する公正競争規約(第21条および第23条に規定する表示)に違反する物件に係る情報等を適宜、共有する。
2 当該情報に基づき、部会の構成各社は、各社が運営するポータルサイトに「おとり広告」等の物件の掲載が認められた場合には、該当する物件広告の削除および再発防止等を目的として適宜、利用する。

この決定に関する詳細は、首都圏公取協の発表資料(下記URL)をご参照ください。
http://www.sfkoutori.or.jp/portal_bukai/News_r/20140325.html

■情報精度No.1を目指す取り組み
弊社が運営する不動産・住宅情報サイト『HOME'S』は、正確な情報の中から、安心して住まい選びができるよう、「情報精度No.1」を目標に掲げて、以下のような取り組みを推進してきました。

・情報掲載ルールの策定と啓蒙
『HOME'S』への情報掲載に関して各種法令に基づく掲載規約を設け、不動産会社に対してルールを順守した正確な情報掲載を呼びかけています。
・掲載情報110番
『HOME'S』に掲載された情報について、「事実と違う」「成約済みの物件だった」等のご指摘を受け付ける専用の窓口を設けています。
・違反物件情報等に関する事実確認と是正指導
「情報掲載110番」に寄せられたご指摘や、独自のスクリーニング調査に基づき、違反が疑われる情報について個別に事実確認を行っています。違反が判明した場合は、弊社規定に従い不動産会社に是正措置をとっています。
・HOME'S住まいのアドバイザー認定店制度
掲載規約やその他の規定違反のない不動産店舗を「HOME'S住まいのアドバイザー認定店」として選定し、不動産会社を選ぶ際の参考情報として提供しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング