日経BPコンサルティング調べ「ブランド・ジャパン2014」を本日リリース BtoC編:30周年のディズニー、10年ぶりの首位獲得。ヒートテックも初のトップ10入り BtoB編:トヨタ自動車が首位を堅守。東芝、TOTO、日立製作所など、日本メーカーが復調傾向

@Press / 2014年3月28日 10時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、今年で14回目を迎えるブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2014」の結果をまとめ、本日(2014年3月28日)、調査報告書を発行・発売いたしました。
 「ブランド・ジャパン」は、一般消費者から企業ならびに製品・サービスの合計1,000ブランドについて評価を聞くBtoC編と、ビジネス・パーソンに500の企業ブランドについて評価を聞くBtoB編で構成されます。調査は2013年11月から12月にかけて実施し、回答者数は約5万7千人。今回は、前回結果に比べ、両編ともにトップ10の顔ぶれが半分以上入れ替わりました。


【調査結果のポイント】
<BtoC編>
■2013年に東京ディズニーランド開園30周年を迎えたディズニーが、10年ぶりに首位
■Xperia好調のソニーが、幅広い世代の支持を得て第2位へ
■ヒートテックは、製品の持つ卓越性が評価を得て、初のトップ10入り
■2大ネット通販、アマゾンと楽天市場が共にトップ10入り。セブン-イレブン、イオンなど流通大手も高評価
■SNS系が軒並み順位を落とす中、LINEが順位を大幅アップ。上昇ランキング第1位に

<BtoB編>
■3年連続でトヨタ自動車が首位
■通信・モバイル関連では、NTTドコモが躍進し、第4位へ
■国内製造業大手の東芝、TOTO、日立製作所、キヤノンがトップ10入り
■アディダス、ミズノ、アシックスなどスポーツ関連が上昇。2020年の東京五輪決定が影響か

【本リリースURLはこちら】
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2014/0328bj/


【調査結果より】
<BtoC編>
一般消費者が企業ならびに製品・サービスの合計1,000ブランドを評価

◆TDL30周年キャンペーンを大々的に行なったディズニーが、10年ぶりの首位獲得
 BtoC編「総合力」ランキングの首位は、88.0ポイントを獲得したディズニー(表1)。「総合力」を構成する4つの因子のうち、最も評価を高めたのは「フレンドリー(親しみ)」だった。東京ディズニーランドの30周年を記念する「ザ・ハピネス・イヤー」キャンペーンが奏功したといえる。ディズニーが首位を獲得したのは今回2度目であり、1度目は10年前の2004年。今回もアニバーサリーイベントの成果がブランド評価に如実に表われた形だ。

表1: http://www.atpress.ne.jp/releases/44696/img_44696_1.png

@Press

トピックスRSS

ランキング