<外食・中食 調査レポート>中食市場 ~コンビニ化するスーパー躍進のカギは夕食マーケット~

@Press / 2014年3月26日 16時0分

図表1
外食・中食市場情報サービス『CREST』を提供するエヌピーディー・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松野 智吏)はこの度、コンビニ、スーパーを含む中食市場のトレンドについて調査・分析しました。


2014年2月、「ローソンマート」1号店がオープンした。生鮮コンビニ「ローソンストア100」の進化型で、売場面積はローソンストアの約2倍。取扱アイテム数を増やし、生鮮品や出来たて商品も強化しており、まさにコンビニが「スーパー化」し消費者の更なるニーズを捉えようとしているようだ。
今回のレポートでは、コンビニ、スーパーを含む中食市場のトレンドについてエヌピーディー・ジャパン(株)が提供する外食・中食市場情報サービス『CREST[*1]』から探ってみる。


■中食市場の成長を牽引する「スーパー」
まずはじめに2013年の外食・中食利用率を見てみると、2009年と比べて中食利用率は-0.8ポイント微減で大きな変化は見られなかった。
では、中食市場における業態別のトレンドはどうだろう。図表1は、中食市場における業態別シェアと各業態の食機会数[*2]の伸び率のトレンドを分析したものである(図表1)。

【図表1】中食市場 業態シェアと食機会数の伸び率の推移(%)
(2013年 vs 2012年、2009年/食機会ベース)
http://www.atpress.ne.jp/releases/44702/img_44702_1.jpg
エヌピーディー・ジャパン(株) JapanCREST(R)より

2013年中食市場の業態シェアは、「スーパー」が35.6%と最も大きく、続いて「コンビニ」が31.8%のシェアを占めている。最もシェアの大きいスーパーの食機会数の伸び率に注目すると、前年比+2.3%、09年比で+5.4%増加しており他業態と比べて好調である。
近年消費者が中食する機会においては、スーパーが他業態に比べてより選ばれる傾向にあることがうかがえる。


■スーパーは客単価の高い夕食市場が好調
では好調なスーパーは、消費者のどのような需要をつかんでいるのだろうか。図表2は、中食市場における業態別の食機会(朝食/昼食/夕食/間食)シェアの推移を09年と13年でそれぞれ比較したグラフである(図表2)。

【図表2】中食市場 業態別 食機会シェア(%)
(2009年 vs 2013年/食機会ベース)
http://www.atpress.ne.jp/releases/44702/img_44702_2.jpg
エヌピーディー・ジャパン(株) JapanCREST(R)より

@Press

トピックスRSS

ランキング