伝統工芸「こぎん刺し」×「香音(かおん)」のコラボ商品が誕生 『香の花(ルームフレグランス)』と『香袋』を発売

@Press / 2014年3月26日 16時0分

『香の花(ルームフレグランス)』と『香袋』
 弘前市クラフトコーディネーターがマッチングした「有限会社弘前こぎん研究所」と「株式会社グランデュール」が共同で開発した新商品『香の花(ルームフレグランス)』と『香袋』が発売されます。


■四季の香りを聞くこぎん刺し
 『香の花』と『香袋』は、弘前市の伝統産業「こぎん刺し」と、日本の香りをテーマにしたブランド「香音(かおん)」とのコラボレーション商品です。
 「香音」は、下記画像の大きい袋が『香の花』、小さい袋が『香袋』で中に香りが入っており、鮮やかな季節の香りを1年中楽しむことができるようになっています。桜、梔子、水仙、梅、百合などの香りがあります。
 販売場所は、青森県の弘前市立観光館さくらはうす、JR新青森駅1階あおもり北彩館、青森空港内アスパム物産。『香の花』は3,800円、『香袋』は2,700円です(どちらも税抜)。4月中旬から発売予定です。

『香の花(ルームフレグランス)』と『香袋』:
http://www.atpress.ne.jp/releases/44703/img_44703_1.jpg


■防寒のために誕生
 江戸時代に、農民は麻布の衣類を着ていましたが、防寒には優れなかったため、少しでも温かくて丈夫な衣類を作るため、麻布を木綿糸で刺して補強する「刺しこ」を行い、そこから「こぎん刺し」は誕生しました。
 こぎんは、刺繍模様を一定の規則に従って幾何学的に造形されたもので「東こぎん」「西こぎん」「三縞こぎん」の3種類に分けられます。

刺繍模様:
http://www.atpress.ne.jp/releases/44703/img_44703_2.jpg


■丈夫でかわいい「こぎん刺し」各方面で大活躍
 丈夫な麻布をさらに刺繍で補強した「こぎん刺し」は、今や、衣類だけでなく、さまざまな用途に使われています。丈夫な上に綺麗な「こぎん刺し」はエコバック・ティッシュペーパーカバー・財布・信玄袋・小袋などに使われて、人気を集め始めています。
 さらには、ネクタイ・ハンドバックなどに活用され、民芸品として高い人気を得ています。
 iPhoneのケースでも作られるようになり、自分で刺繍をしてiPhoneのケースとする人も増えています。

「こぎん刺し」:
http://www.atpress.ne.jp/releases/44703/img_44703_3.jpg

参考動画:『Let's make a “Koginzashi” iPhone case こぎん刺しiPhoneケースを作ってみよう』
http://youtu.be/ZjnZ2I9YV9k

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング