パスロジ、世界初のハイブリッド・ワンタイムパスワードの実証実験サービスを提供開始

@Press / 2014年3月27日 10時0分

PassLogic方式とは
パスロジ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 秀治、以下 パスロジ)は、3月27日よりスマートフォン向けのアプリとなる「ハイブリッド・ワンタイムパスワード・トークン・アプリ」(以下『Passlogyトークン』)のダウンロード提供と、同アプリをお試しいただける実験的なサービス(以下 フェデレーション実験サービス)を開始します。

『Passlogyトークン』およびフェデレーション実験サービスは無償で提供されますので、PassLogicの既存顧客だけではなく、より多くの方にPassLogic方式をお試しいただけるようになります。


<『Passlogyトークン』について>
『Passlogyトークン』は、記憶からワンタイムパスワードを生成するPassLogic方式と、タイムシンクロナス方式(時間をキーとした乱数生成ロジック)を併せ持つ世界初のハイブリッド・ワンタイムパスワード用のスマートフォンアプリです。この技術はすでに特許申請中であり、また、パスロジの保有する特許取得済の技術との組み合わせにより、強固なセキュリティを確保しております。

【主な特徴】
・スマートフォンが通信できない場合でも認証が可能です。
・ソフトウェアトークンをインストールしている端末が紛失・盗難された場合でも、記憶型ワンタイムパスワードなので安全性を確保できます。
・ハードウェアトークンの上位互換としても利用できますので、すでにトークンタイプを導入している場合であれば、サイト側の画面遷移の変更は不要です。
・特許技術の2要素2経路の本人認証であり、オンラインバンキングやオンライントレードを利用する際に、強固なセキュリティを確保できます。

Android用『Passlogyトークン』
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.passlogy.android
iPhone用『Passlogyトークン』
https://itunes.apple.com/us/app/passlogic-token/id827608535?mt=8


<フェデレーション実験サービスについて>
クラウドアプリケーション間のシングルサインオンを実現する、いわゆるフェデレーションを、『Passlogyトークン』でお試しいただくための実験的なWebサービスとして提供開始します。

シングルサインオンは、一度の認証で連携するすべてのWebアプリケーションにアクセス可能となるため、従来のユーザ名とパスワードよりも強固な本人確認の重要性が高まります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング