ACCESS、テンフィートライト社のスマートマンションサービス向けエネルギー管理システム(MEMS)開発を支援 -スマートフォンで、外出先からでもエアコンや照明機器の消費電力の見える化・制御を実現-

@Press / 2014年3月27日 11時0分

テンフィートライト社のスマートマンションサービス
株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、本日、同社のECHONET Lite(※1)対応ソリューション「NetFront(R) HEMSConnect」とモバイルアプリケーション技術を用いて、マンション専門インターネット通信サービス事業者である株式会社テンフィートライト(本社:東京都中央区、代表取締役:相川 太郎、以下 テンフィートライト)と同社のスマートマンションサービス向けMEMS(※2)を共同開発した旨を発表いたしました。

テンフィートライトは、2013年、MEMS導入を推進する「MEMSアグリゲータ」(※3)として行政の採択を受けるなど、マンションのスマート化事業に積極的に取り組んでいます。この一環として、同社は、通常のMEMSに、高圧一括受電事業者との連携、マンションユーザーに対する高度な節電サポートサービス、および、遠隔からの空調や照明設備といった機器の制御・モニタリングを組み合わせ、先進的なスマートマンションをワンストップで実現するスマートマンションサービスの開発に取り組んでいます。

テンフィートライトのスマートマンションサービスが導入されたマンションでは、居住者は、お手持ちのスマートフォンやタブレットにECHONET Lite対応のアプリケーションをインストールし、その端末を宅内のスマートデバイス(エアコン、照明機器)を管理するサーバーとして活用することにより、これら機器の消費電力の見える化や制御が可能となり、共用部電力の見える化と併せマンションのスマート化が実現されます(下図参照)。また、外出中でも個人のスマートフォンやタブレットから自宅の家電を制御し、消費電力を管理することが可能となります。テンフィートライトは本サービスを、今秋には、マンション関連事業者や管理組合などに向けて提供開始する予定です。

この度ACCESSが提供するMEMSソリューションの核となる「NetFront HEMSConnect」は、ECHONET Liteの最新仕様に準拠し、HEMS(※4)やMEMS、BEMS(※5)などのエネルギー管理システム側から、スマートメータ(通信機能を備えた電力計)、情報家電に至るまで、幅広い機器に実装可能で、ECHONET Lite対応システムや機器の開発を容易にするソリューションです。組み込みソフトウェア開発におけるACCESSの技術力・ノウハウを結集し、OS非依存、省メモリ、低消費電力による高度な柔軟性を実現しています。ACCESSは、同技術を用いて、ECHONET Lite準拠のiOSおよびAndroid対応スマートフォン対応アプリケーションを開発し、テンフィートライトのスマートマンション構築を実現いたします。

@Press

トピックスRSS

ランキング