「セクレタリーウィーク」開催

@Press / 2014年3月26日 10時45分

アクアヴィット 内観
現代北欧料理レストラン「アクアヴィット」では、4月23日「秘書の日」(毎年4月第4水曜日)に向けて、4月17日(木)から23日(水)の期間、ビジネスエグゼクティブを支え、日頃ご多忙な秘書の皆様に満ち足りたひと時をお過ごしいただけるよう、ランチ、ディナーそれぞれに特別なプランをご用意します。

◆ランチタイム(11:30~14:30LO)
「セクレタリー・ランチ(2,800円/税別)」は、前菜の盛り合わせと、「ノルウェーサーモンと豆乳のクラムチャウダー仕立て」や「北欧定番のスウェディッシュミートボール、ポテトとリンゴンベリー、クリームソース」ほか12 種類からお選びいただくメインディッシュ、本日のケーキ、コーヒーからなります。
そして秘書の方にはお土産に天然酵母のパンをプレゼントします。

◆ディナータイム(18:00~22:00LO)
「セクレタリー・ディナー(10,000円/税別)」は、グラス・シャンパン(ロゼ)と、「ノルウェーサーモンのマリネとロイロム、山羊のチーズと緑豆、桜風味のヌーヴェと供に」「カナダ産オマール海老のショーソン、雲丹のアメリケーヌソース」「「ギップランド産仔羊の低温ロースト、根セロリと黒トリュフのマーブル仕立て、トランペット茸のジュのソース」など、世界的な注目を集めている最先端の現代北欧料理の潮流を汲み入れた11皿からなるコースメニューです。そして秘書の方にはお土産として北欧デンマークの紅茶と、5,000円分のアクアヴィットお食事券をプレゼントします。

ボスから秘書への日頃のねぎらいとして、あるいは秘書の方ご自身が自分へのご褒美としてアクアヴィットの「セクレタリーウィーク」を是非ご利用ください。

<<アクアヴィット>>
東京都港区北青山2-5-8 青山OM-SQUARE 1F
TEL.03-5413-3300 http://www.aquavit-japan.com
ランチ: 11:30~14:30LO
ディナー:18:00~22:00LO
席数:ダイニング102席、バーラウンジ20席
料理ジャンル:現代北欧料理

『アクアヴィット』は、1987年ニューヨークに創業し、30年近くにわたり人気を博しているアップスケールの現代北欧料理レストランです。東京店は、ニューヨーク本店に次ぐ、第2号店として2008年10月、東京・外苑前にオープンしました。
ロケーションは、外苑前駅を出て、青山通りに面した「レクサス青山」横の通路を奥へ進み、閑静な敷地の突き当たりに位置します。専用の車廻しを越えて店内へ入りますと、白壁と木のブラウンを基調とした中に、北欧モダンデザインの巨匠達の名作家具を贅沢に配した大人の大空間が広がっています。その中でお楽しみいただくのは現代的北欧料理、モダン・スカンジナビアン・キュイジーヌです。清らかな大自然と美しい四季に恵まれた北欧の伝統的な料理は、滋味溢れる素朴なテイストが 魅力です。新鮮な魚介や野菜、肉などの食材を生かしたシンプルな料理と、長い冬に備えた食品保存のための燻製、日干し、塩漬け、酢漬け、発酵、茹でるといった調理法による料理が組み合わさって、魅力的な独特の味覚を作り出しています。
『アクアヴィット』では、その北欧の伝統的な料理に、フレンチのテクニックと、世界の食文化が 交錯するニューヨークの洗練された感覚を融合させた、現代的な北欧料理をご提供しています。魚介や肉料理など、酸味と塩味、甘みの繊細なバランスが日本人の味覚にもよく合い、プレゼンテーションは、フレンチやイタリアンとは一線を画すミニマリズムの極み。和食に共通する酸味・塩味・甘味の融和と、テクスチャーを大切にしています。東京店の料理は、NY 店の料理コンセプトを踏襲しながら、東京店シェフ・横山真治のオリジナルメニューを提供しています。
店内はテーブル席、窓側のブース席のほかに個室も備え、グループでも気兼ねなくご利用いただけます。バー・ラウンジでは北欧デザインの巨匠アルネ・ヤコブセンの名作、エッグチェアやスワンチェアでお寛ぎいただけます。

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

アクアヴィット 外観

@Press

トピックスRSS

ランキング