~胃腸薬の13年12月~14年2月購入理由~胃腸薬のレシートシェアランキング総合トップは「太田胃散」

@Press / 2014年3月27日 17時0分

レシートシェアランキング
フィールドマーケティング支援サービスを提供するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:木名瀬博)は、株式会社クレディセゾンとの共同事業である購買理由データ提供サービスのデータをもとに「胃腸薬(医薬部外品含む)」の購入理由を分析しましたので、報告致します。

本リリースでの分析レポートの対象期間は、2013年12月1日~2014年2月28日の3ヶ月間。全国の消費者から報告された962レシートデータをもとに分析しました。

◆「太田胃散」が存在感を発揮

レシートシェアランキング
http://www.atpress.ne.jp/releases/44838/img_44838_1.jpg

胃腸薬の期間中における購入は962レシートとなりました。レシートシェアの1位は「太田胃散 太田胃散」で11.6%、3ヶ月間連続1位でした。

2位は「第一三共ヘルスケア 第一三共胃腸薬」で7.1%、3位はロート製薬 パンシロン01+」で6.9%でした。

◆コンビニが早朝と深夜の胃腸薬需要に対応

胃腸薬の購入業態
http://www.atpress.ne.jp/releases/44838/img_44838_2.jpg

業態別胃腸薬購入時間
http://www.atpress.ne.jp/releases/44838/img_44838_3.jpg

胃腸薬の購入場所を業態別に見ると、ドラッグストア(薬局を含む)が75.5%、スーパーが12.0%、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)が11.0%、その他が1.6%でした。

このうちドラッグストア、スーパー、コンビニにおける時間帯ごとの購入比率を見ると、コンビニでは「4:00~7:59」に購入した人の比率が14.2%、「20:00~23:59」に購入した人の比率が13.2%となっており、早朝と深夜の胃腸薬需要を取り込んでいることが数字に表れました。

◆ドラッグストアとコンビニでは売れ筋が異なる

業態別レシートシェアランキング
http://www.atpress.ne.jp/releases/44838/img_44838_4.jpg

業態ごとのレシートシェアを見ると、それぞれトップは異なりました。

ドラッグストアでは総合トップの「太田胃散」が13.2%で1位でしたが、スーパーでは「小林薬品 ハリー胃腸内服液」が20.0%で1位、コンビニでは「大鵬薬品 ソルマック」が31.1%でトップとなりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング