大量消去用HDD/SSD消去マシン、60台一括消去可能な「EM-SE60」を3月31日発売!!

@Press / 2014年3月31日 16時0分

データセキュリティーの専門メーカーであるオリエントコンピュータ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:金澤 歓喜、以下 オリエントコンピュータ)は、60台一括消去可能なHDD/SSD消去マシン[EM-SE60]を3月31日に発売致します。

製品ページ
http://www.orient-computer.co.jp/products/em-se60.php


PCのリース・レンタル会社様、大手企業様でWindows XPのサポート終了にともなう、PCの入れ替えの際の大量のHDD消去。もしくは、PC再利用の際のHDD/SSDの消去に、これまで数台の消去マシンを使用していた業者様の為に、一括で60台の消去を可能にするEM-SE60を開発致しました。

※SSD(Solid State Drive)とは、不揮発性のNAND型フラッシュメモリを用いた記憶装置のことです。最近では、ウルトラブックやMac BookなどノートPCを中心にひろく利用されています。オリエントコンピュータでは、業界では初めて、国内公的機関での、SSD完全消去実験を成功させています。
URL: http://www.orient-computer.co.jp/news/20131127-pr-tsc.htm

また、EM-SE60の特徴としてホットスワップ機能の搭載があります。
ホットスワップ機能とは、作業中、消去が完了したHDDから順に次のHDDヘ交換可能な機能で、大量消去作業を効率的に行えます。また、消去ログをPCに一括して保存することができ、消去証明書にも利用できます。


■EM-SE60の製品について
・最大60台同時消去可能
 ⇒1台ずつの消去方式などの設定も可能です
・DoD & NSA消去方式
 ⇒単純上書消去方式や、Secure Eraseなどの消去方法も選べます
・SSD完全消去
 ⇒HDDとSSDどちらも完全消去します
・10ドライブ単位で組み合わせ自由
 ⇒10ドライブ対応のユニットを最大6つまで自由に組み合わせが可能です
・消去ログ管理機能
 ⇒PCを接続すれば、消去ログを一括して保存できます
・SATA/IDE対応
 ⇒SATA(2.5/3.5)とIDE(2.5/3.5)、両方の接続に対応しています
・破損HDDの事前チェック
 ⇒事前にHDDが破損しているかチェックできます
・ホットスワップ機能
 ⇒消去作業中、消去が完了したHDDがそのまま交換できます

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング