80点超えを確実に狙う「効く」戦術!書籍『スコア80突破ゼミ TOEFL iBT(R) テスト』3月29日発売

@Press / 2014年3月28日 15時30分

『スコア80突破ゼミ TOEFL iBT(R) テスト』
海外トップ大学・大学院留学準備指導校として国内屈指の合格実績・テスト対策教材開発・教授指導ノウハウを誇る株式会社アゴス・ジャパン(代表取締役:横山 匡、本社:東京都渋谷区、以下 アゴス・ジャパン)は、株式会社アルク(代表取締役会長:平本 照麿、本社:東京都杉並区永福)より、アゴス・ジャパンTOEFL iBT(R)講師陣が執筆した書籍『スコア80突破ゼミ TOEFL iBT(R) テスト』を発売いたします。


【書籍内容】
TOEFL iBT(R)で80点超えを確実に狙うために「効く」戦術を、留学準備・試験対策専門予備校アゴス・ジャパンの講師陣が教えます。

●留学専門予備校アゴス・ジャパンの講師がゼミ形式で丁寧に解説
20年の指導実績と研究に基づく独自の攻略メソッドで、1万件以上の海外大学・大学院合格実績をもつアゴス・ジャパンのTOEFL(R)テスト対策講師陣がスコアアップを徹底サポート。講義さながらに丁寧にわかりやすく解説します。

●狙うスコアを80点に限定
TOEFL iBT(R)は、英語での学業に必要な4技能、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングを混合で測る難易度の高い英語能力判定試験。80点は、一定以上レベルの英語圏の大学への留学の必要条件で、日本でもグローバル化を担う大学でのプログラム参加条件に使われたり、公務員試験における英語力証明、英語教員の英語力の目安に使われる動きがあります。本書ではこのスコア「80点」に焦点を当て、到達するための効率的な道筋を教えます。

●戦略的に80点を超えるコツ満載
80点を取るために必要な知識、効率よく「スコアをとる」ための考え方やテクニック、効率的な学習方法をコンパクトにまとめています。問題数をこなすだけでは、スコアが上がらないと言われているTOEFL iBT(R)の攻略方法が具体的にわかります。

●苦手意識の強いライティング・スピーキングセクションから攻略
本試験の構成と異なり、ライティング → スピーキング → リーディング → リスニングのセクション順に学ぶ構成。日本人が苦手とされているライティングやスピーキングセクションですが、攻め方がわかれば効果を感じやすい面もあります。苦手意識を先に払拭することで、最後まで学習しやすくなっています。
本書は、留学予備校として定評のあるアゴス・ジャパンが作成したスコア80点獲得のための動画講座40時間のエッセンスを凝縮した対策書。80点を取るために必要な知識、効率よく「スコアをとる」ためのテクニックをコンパクトにまとめた1冊です。スコアの考え方と各セクションで何点とれば80点になるか、そのために必要な考え方やテクニック、効率的な学習方法を伝授します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング