Veeva Systems、セールスフォース・ドットコムとの提携を2025年まで延長 VeevaがSalesforce1 Platformへの取り組みを強化

@Press / 2014年4月2日 14時0分

ライフサイエンス業界向けの業務用クラウドソリューションのリーディングプロバイダーであるVeeva Systems Inc.【NYSE:VEEV】(本社:カリフォルニア州 プレザントン、日本法人本社:東京都渋谷区、日本法人代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva)は、3月4日、セールスフォース・ドットコムとの世界規模での提携を2025年まで延長すると発表しました。この契約は、これまで成果を上げてきた両社間の長期にわたる提携に基づくもので、さらに10年間共同の取り組みを行うこととしています。(本リリースは、2014年3月4日にVeeva米国本社が発表した報道資料の抄訳です)

「Veeva設立以来、セールスフォース・ドットコムは最も有力なパートナーです」とVeeva Systems Inc.のCEO Peter Gassner氏は述べています。「Salesforce1 PlatformはVeevaのCRM製品の理想的なクラウド・インフラであり、これによってVeevaは、業界専用のアプリケーションとお客様が求める継続的なイノベーションを市場にご提供することができます。」

一方、セールスフォース・ドットコム社長 兼 副会長のKeith Block氏も「セールスフォース・ドットコムとの連携により、Veevaはライフサイエンス業界で大きなイノベーションを推し進めてきました。弊社は、Veevaのような業界をリードするプロバイダーと提携して、お客様に新しいレベルの成功をもたらすことを目指しています。」と述べています。

本契約延長にあたり、株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長 宇陀 栄次氏からは「日本市場でも製薬業界におけるVeeva Japanの急伸ぶりは目覚ましく、業界特化型のアプリケーションベンダーとして今後も業界を牽引されることと更なる成長を期待しています。今後、両社間で一層緊密な連携を築き、お客様に新しい価値を提供していきたいと考えています。」とコメントを頂戴しております。

Veevaは引き続き、製薬業界とバイオテクノロジー業界において、セールスフォース・ドットコムの世界的な優先パートナーとして協業します。契約には、延長期間中におけるVeevaからの最低支払額に関する契約条項が含まれています。その他、契約の取引条件におおむね変更はなく、Veevaは、今回の更新が自社の財務モデルに影響を及ぼすことはないと見ています。
Salesforce1 Platformに構築されているVeeva CRMは、ライフサイエンス業界向けのVeevaのCommercial Suiteの一部で、さまざまなコミュニケーションチャネルで効果的に顧客とコミュニケーションができるようにするために必要とされる、正確な顧客データと規制に準拠したコンテンツを提供しています。
契約についての詳細は、先日VeevaがSECに提出したForm 8-Kをご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング