ACCESSの教材向け電子書籍ビューワ「PUBLUS(R) Reader for Education」が、教育出版の「一人一台の情報端末を用いた学習環境のための電子教材用ビューワ」として採用 -EPUBベースの電子教材の普及を加速-

@Press / 2014年4月1日 13時0分

株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉、以下 ACCESS)は、電子書籍の国際規格の最新版EPUB 3に準拠した教材向け電子書籍ビューワ「PUBLUS(R) Reader for Education」Windows版が、教育出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 一光、以下 教育出版)の「一人一台の情報端末を用いた学習環境のための電子教材用ビューワ」として採用された旨を発表しました。

「PUBLUS(R) Reader」は、ACCESSのEPUB 3対応の電子出版ソリューション「PUBLUS」の構成要素となるビューワ技術であり、複雑な日本語組版を忠実に表現する優れた再現性を特長としています。端末やOSに依存しないコンテンツ表現が可能であり、国内外の大手出版社、電子書籍サービス事業者などに多数の採用実績を有しています。ACCESSは、「PUBLUS Reader」のエンジンをEPUB標準化団体であるIDPFの「Readiumプロジェクト」に提供し、EPUBの普及に貢献するとともに「Readiumファウンデーション」に加盟し、SDK技術の機能強化と普及に注力しています。

「PUBLUS Reader for Education」Windows版は、「PUBLUS Reader」の基本機能に加えて、EPUB準拠により実現される汎用性と電子教材に求められる高い表現力(縦書き、数式、漢文、画像回り込み等)を兼ね備えた、電子教材に最適なビューワです。標準機能として、フリーハンドや任意図形を用いてメモを残す機能や、音声・動画の再生機能、HTML5を用いた動的コンテンツの表示機能、Flashコンテンツ再生機能も備えています。「PUBLUS Reader for Education」Windows版は、教育系出版社をはじめとするお客様の動向に合わせ、5月下旬を目処に提供開始する予定です。

なお、今春には教育出版より、「PUBLUS Reader for Education」を用いたデジタル教材のサンプル版が各自治体などに向けて配付される予定です。また、2014年5月に開催される第5回教育ITソリューションEXPOにおいて、「PUBLUS Reader for Education」と教育出版コンテンツの組み合わせによる模擬授業を、大日本印刷株式会社の出展ブースにて行う予定です。

@Press

トピックスRSS

ランキング