オークニー、フィールドセールス&サービスを革新するクラウドアプリケーション『Orkney GeoGraph』のライセンス体系を変更

@Press / 2014年4月1日 11時0分

株式会社オークニー(本社:横浜市西区、代表取締役:森 亮、以下 オークニー)は、2014年4月1日よりフィールドセールス&サービスを革新するクラウドアプリケーション『Orkney GeoGraph』のライセンス体系を変更いたします。
この変更により、今までの1種類のライセンス利用から、利用形態に応じてBasic Edition、Standard Edition、Professional Editionの3種類から選択、組み合わせができるようになりました。


■新しい利用体系
1) Basic Edition(情報共有と報告)
800円/月/ユーザ(税別)
フィールド業務の情報共有と報告業務を効率化します。スマートフォンから、スケジュール、訪問先の顧客情報や場所が確認できます。また、企業内SNSを使っての情報共有、活動報告など、現場担当者に便利な機能が豊富です。

2) Standard Edition(計画から報告までサポート)
2,000円/月/ユーザ(税別)
フィールド業務の計画から業務報告までを、これ一つでトータルにサポートします。管理者だけではなく、現場担当者にも役立つEditionです。

3) Professional Edition(業務の分析・戦略立案)
4,000円/月/ユーザ(税別)
Basic、Standard各Editionの機能に加え、フィールド業務のトレンドやパターンをマップ上に可視化し、業務の分析、戦略の立案ができます。

各Editionの詳細については、下記をご覧下さい。
http://www.orkney.co.jp/price/index.html


■導入のメリット
ユーザは3段階のエディションから、利用形態と予算に応じて組み合わせることで、限られた予算を有効活用して、フィールド業務の効率化を実現できます。
例えば、フィールド業務での現場担当者はBasic Editionで訪問効率を高め、エリアマネージャーはStandard Editionで計画立案を行い、部長はProfessional Editionで業務分析をする、というように、チーム全体で無駄なく活用できます。


■『Orkney GeoGraph』とは
『Orkney GeoGraph』は、セールスフォース・ドットコム社が提供するForce.com上で動作するフィールド業務支援クラウドサービスです。『Orkney GeoGraph』の導入により、位置情報、社内SNS、CRMを活用し、営業訪問、保守管理、介護、配送、現地調査などのフィールド業務を、コストの重荷から収益の源泉に変えます。2014年3月現在、約80社のお客様に利用され、利用者数も前年同月比1,200%以上と、劇的に増加しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング