「肉焼き総研」WEBサイト新着情報 佐藤秀美先生が監修した豚のかたまり肉や鶏むね肉を使った「漬け焼き」レシピ2品を3月31日(月)から公開!

@Press / 2014年4月1日 11時30分

肉汁たっぷり光るローストポーク
肉焼き総研(所長:鈴木 敏郎 東京農業大学農学部教授 農学部長)は、佐藤 秀美先生(学術博士(食物学))監修による「漬け焼き」レシピ2品を3月31日(月)にWEBサイト・スマートフォンにて公開いたします。

今回紹介する「漬け焼き」レシピは、固くなりがちな豚のかたまり肉を使った「肉汁たっぷりローストポーク&生姜焼風アレンジ」と、パサつきがちな鶏むね肉を使った「鶏むね肉のしっとりジューシー65℃焼き&カリカリ皮焼き」です。


■今年のお肉トレンドは「漬け焼き」
4月1日(火)からの消費税増税に伴い、食費における節約意識が高まる事が予想されます。そこで、お手頃なお肉を上手に調理する方法、その名も「漬け焼き」を肉焼き総研から提案致します。
「漬け焼き」とは、お肉を焼肉のタレ(フルーツ入り)に漬けて揉みこみ、調理する事によって、お肉のやわらかさとおいしさを引き出す方法です。
ここで大きなポイントとなってくるのが、タレにフルーツがより多く入っている事です。フルーツの持つ有機酸の作用によってお肉がやわらかくなり、加熱したときにパサパサしたり固くなる心配がありません。


■新「漬け焼き」レシピ紹介
◆肉汁たっぷりローストポーク&生姜焼風アレンジ
・一見難しそうなローストポークを簡単に美味しくさせるコツと、さらにそのローストポークを使用した生姜焼き風アレンジレシピを紹介します。

◆鶏むね肉のしっとりジューシー65℃焼き&カリカリ皮焼き
・お手頃価格だけれどパサつきがちな鶏むね肉をジューシーに仕上げる方法と、鶏皮を焼いてカリカリにするおやつに丁度良いレシピを紹介します。


<肉汁たっぷりローストポーク>
○調理時間:30分 ※漬け時間、最後にお肉を置いておく時間をのぞく
○漬け時間:約1時間
○材料(4人分)
 ・豚のかたまり肉・・・・約450g
 ・焼肉のタレ・・・・・・1/2カップ

○作り方
(1) ビニール袋に豚のかたまり肉と焼肉のタレを入れ、よくもみこんでから約1時間漬けておく。
(2) オーブントースターの受け皿にアルミホイルを敷き、お肉を袋から出して、15分焼く。途中で表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせる。その後、裏返してさらに15分、計30分を目安に焼く。*1
(3) オーブントースターからお肉を取り出し、20~30分 *2 置いておく。

*1 計30分の焼き時間は消費電力が1200Wの場合。それより電力が低い場合には、焼き時間を2~3分長くする。また、お肉の最も厚い部分が5cm以上であれば、裏返した後の焼き時間を5~10分延長する。
*2 置く時間はお肉の厚さによって調整する。最も厚い部分が5cm以下であれば約20分、それ以上の場合は約30分が目安。
※お好みで(1)の漬けダレをフライパンで煮詰め、ソースとして活用も可能。

@Press

トピックスRSS

ランキング