カタログギフトのマイプレシャスが全社BIプラットフォームに「WebFOCUS」を採用~ 取引実績や販促効果を分析する経営レポーティングシステムで、オリジナルギフトの商品企画やサービス強化を実現 ~

@Press / 2014年4月2日 13時15分

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)が提供しているBIプラットフォーム 「WebFOCUS」(開発元:米Information Builders, Inc.)が、株式会社マイプレシャス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:蔵野 正嗣、略記:マイプレシャス)の経営レポーティングシステムとして採用されました。

 入学や結婚、出産の内祝いやお中元・お歳暮などのシーンで贈られるカタログギフトを主力商品に、ギフトの企画・開発・販売を展開するマイプレシャスでは、経営に貢献する情報活用の取り組みとして、売上集計や原価管理をはじめとする経営情報を可視化して分析する取り組みを進めてきました。しかし、この戦略を支えるレポートは従来のオフィスツールで作成していたため負荷が高く、経営層や営業現場へのタイムリーな情報提供が難しいといった課題や、レポートの作成に時間を要するため、レポート作成後の分析業務やアクションへの実行に充分な時間を費やせないといった課題を抱えていました。

 そこでマイプレシャスでは、基幹システムの刷新を機に新たなBIツールの導入を検討、「Webアプリケーション」、「基幹システムとのスムーズなデータ連携」、「定型帳票での情報提供」という観点から製品選定を行い、その中で最もコストパフォーマンスが高く、複雑な集計ロジックや細かい仕様にも対応できる開発生産性の高さを評価してWebFOCUSの採用を決定、2011年5月より本稼働をスタートさせました。

 マイプレシャスがWebFOCUSを採用した主な理由および効果は、次のとおりで
す。

1. 売上げや販促に関する集計レポートの提供に、これまで数時間を要してい
  たところ、WebFOCUS導入後、現時点の最新データを提供できるようにな
  り、情報活用の展開スピードが向上した
2. レポートは、取引分析をはじめ、チャネル別市場占有率、キャンペーンの
  効果測定、オリジナルギフトのコスト分析など多岐にわたり、それぞれ詳
  細項目へとドリルダウンして情報を深く分析できる
3. ユーザが自由に集計項目を選択して検索し、検索結果をExcelやCSVなど希
  望の形式でダウンロードできる
4. WebFOCUSで作成したレポートは、Web経由で経営層や営業部門、商品企画
  部門を含めた約50名が日々利用し、データに基づく迅速な経営判断や、オ
  リジナルギフト企画やサービス強化に役立てている
5. アシストの技術支援サービスにより4帳票を開発して提供し、それをベー
  スにマイプレシャスの担当者1名がアシストの研修コース受講後に20以上
  の帳票を開発できた

@Press

トピックスRSS

ランキング