「韓国社会派監督チョン・ジヨン特集」4月26日劇場公開チョン・ジヨン監督来日のお知らせ

@Press / 2014年4月10日 10時30分

チラシ表
 有限会社西ヶ原字幕社(本社:東京都杉並区、取締役:林原 圭吾)は、4月26日(土)より「韓国社会派監督チョン・ジヨン特集」と題し、配給を手掛ける韓国映画「南営洞(ナミョンドン)1985」と「南部軍」を渋谷UPLINKおよび大阪シアターセブンで公開いたします。共に韓国きっての社会派監督、チョン・ジヨン(鄭智泳)の作品で、日本初公開となります。5月末からは名古屋シネマスコーレ、神戸元町映画館でも公開になります。

 軍事政権下の韓国における警察の非人道的な取り調べを題材にした「南営洞1985」には、刑事司法制度改革の分野で活躍される海渡雄一弁護士が、朝鮮戦争時の山岳ゲリラをヒューマニティあふれるタッチで描く「南部軍」には、ロックバンド、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さんが推薦文を寄せてくださいました。
 公開にあわせ、チョン・ジヨン監督も来日。4月28日(月)には渋谷UPLINK、29日(祝)には大阪シアターセブンで舞台挨拶を行います。


■渋谷UPLINKでの上映予定
2014年4月26日(土)~5月9日(金) モーニング&レイト
1週目は「南部軍」10:20~、「南営洞1985」20:40~
2週目は「南営洞1985」10:30~、「南部軍」19:50~
5月10日(土)~ モーニングのみ
場所: 渋谷UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2階)
URL : http://www.uplink.co.jp/


■大阪シアターセブンでの上映予定
2014年4月26日(土)~5月10日(土) 「南部軍」12:10~「南営洞1985」15:10~
※5月3日・5日は休映
5月11日(日)~ 時間帯を移しながら各作品1日1回上映
場所: シアターセブン(大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階)
URL : http://www.theater-seven.com/index.html


■チョン・ジヨン監督舞台挨拶
4月28日(月) 渋谷UPLINK   19:00の「南営洞1985」上映後に登壇
4月29日(祝) シアターセブン 15:10の「南営洞1985」上映後に登壇


■「南営洞1985」(2012年)作品紹介
 軍事政権下の韓国。民主化運動家・金槿泰(キム・グンテ)は南営洞所在の公安警察で22日間の壮絶な拷問を受けた。これがアメリカの人権団体を通して国民の知るところとなり、軍事政権への不満が噴出。87年の6・29民主化宣言への呼び水となった。金槿泰は拷問の後遺症で2011年に他界。彼が残した自伝的手記を鄭智泳監督が映画化した。出演はパク・ウォンサン、イ・ギョンヨン。第17回釜山国際映画祭(2012年)GALAプレゼンテーションで上映。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング