シニアを対象にした春の国内旅行に関するアンケート調査 ~最近の旅行の選定から申込までのプロセス~

@Press / 2014年4月4日 10時30分

図1
シニアマーケットの専門機関である株式会社シニアコムは、2014年3月に50歳以上の男女を対象に、「春の国内旅行に関するアンケート」と題した調査を実施しました。

・調査手法 :WEBアンケート調査
・対象者  :50歳以上の男女個人(シニアコムMASTER会員)
       今年の春の行楽シーズンに国内旅行を予定している方
・有効回答数:664人(男性458人 女性206人)
・実施時期 :2014年3月


この調査では、春の行楽シーズンの国内旅行として、
・2014年の4~6月ごろに計画されている旅行の予定や内容
・最近利用されている旅行サービスの選び方や申込方法
などを聴取しました。


シニアコムでは過去にも、本調査を元に「直近の国内旅行として今年の春の行楽シーズンにはどのような旅行プランが予定されているか」分析結果を発表しましたが、今回は中でも「どのように旅行プランが選ばれて申し込まれているかのプロセス」にフォーカスしてご紹介します。

▼過去発表内容
シニアを対象にした春の国内旅行に関するアンケート調査
~今年の春の行楽シーズンに予定されている旅行プラン~
http://www.atpress.ne.jp/view/44601


《調査結果サマリー》
[最近の旅行の選定~申込までのプロセス]
・シニア期に入ることで顕著になる旅行の特徴
・旅行を検討する際に重視する点、参考情報源
・旅行を申し込む手段(店舗)、利用する旅行会社


[最近の旅行の選定~申込までのプロセス]
■トピックス1 シニア期に入ることで顕著になる旅行の特徴
まずアンケートでは旅行プランの選定~申込のプロセスに入る前に、最近の旅行の状況としてどのような特徴があるか、シニアの方からよくインタビューやコメントに挙がる項目をいくつか選定して、それらが量的にどの程度あてはまるかを検証しました。

Q_最近の旅行の状況を振り返ってあてはまるもの
http://www.atpress.ne.jp/releases/45050/img_45050_1.png

・あてはまる割合が高い項目には、「家族と行く旅行の費用は、自分や配偶者が支払うことが多い」「旅行の出発は、混雑するシーズンや時期を避けて旅行に行くことが多い」の2つが挙がります
・これら2つの特徴は、これまでに実施した旅行に関するインタビューでもよく挙がってくるものになり、
- 家族と行く旅行費用の負担:子供・孫と行く旅行では、祖父母である自分達がお財布役になる
- 混雑期を避けた旅行の出発:自分達が定年(リタイヤ)してから行く旅行は、ゴールデンウィークや3連休を避ける
といったコメントが寄せられます。
それぞれの特徴の背景には「子供が独立して孫が誕生する」「定年退職してリタイヤする」といったシニア期ならではライフスタイルの変化が影響していると考えられます。
・この他の特徴には、女性層で「旅行の同伴者は配偶者よりも友人・知人」が高くなり、特に女性70代以上では顕著な傾向が見られます。

@Press

トピックスRSS

ランキング