長時間の進捗と合否が一目でわかる!自動車規格に対応したエミッションソフトウェア『NETS-EMI(VE)』販売を開始

@Press / 2014年4月8日 10時0分

使用画面
EMC試験器/測定器の開発・販売を手掛ける株式会社ノイズ研究所(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:藤垣 正純)は、自動車メーカーなど向けにEMIノイズ測定を効率化できるエミッション自動測定ソフトウェア『NETS-EMI(VE)』を、2014年4月8日より販売開始いたします。

URL: http://www.noiseken.co.jp/p/8


■エミッション自動測定ソフトウェア『NETS-EMI(VE)』開発の経緯
自動車メーカーおよび車載機器メーカーでは、車両内で発生するノイズ(電気的な雑音)による車載機器への影響を軽減するため、さまざまな周波数帯域でEMIノイズ測定(エミッション測定)を行っています。
その測定は、国際規格の要求をはじめ多岐にわたり、1つの製品に対して非常に長い測定時間を要しています。

当社では、長い測定時間におけるスケジュール管理を簡単にし、測定の進捗と合否の結果が一目でわかるマトリクス機能を兼ね備えた、エミッション自動測定ソフトウェアを幅広い測定ができる“統合版”と、シンプルな測定を実現した“簡易版”の2つのラインナップで、開発・商品化しました。これにより、ご予算に応じてEMI測定の時間と手間を軽減いただけます。


■測定の時間と手間を軽減できる4つの特長
1:単一製品の測定はもとより、製品数や動作モードごとに必要な測定スケジュールをマトリクス管理。
2:1回の測定データで、2つの限度値を同時に判定。
  2種類の限度値を同時に設定、一度で法規制限度値/ラジオ帯域限度値の合否判定ができます。
3:測定の結果をリスト上で確認、NGの項目だけにフォーカスした再測定ができます。
4:測定の速度が速い「タイムドメインスキャン機能」に対応したソフトウェアです。


■本商品の概要
品名 :エミッション自動測定ソフトウェア
モデル:NETS-EMI(VE)シリーズ
対象 :自動車/車載電子機器の開発・実験をされるお客さま
時期 :2014年4月より日本国内にて発売を開始
方法 :代理店経由もしくは直販で販売
価格 :統合版 150万円/簡易版 25万円
    (制御用PCやドライバ作成費などは別途)
目標 :2ラインナップ合計 年間50セット


■会社概要
名称  : 株式会社ノイズ研究所
所在地 : 〒252-0237 神奈川県相模原市中央区千代田1-4-4
設立年月: 1975年3月
代表者 : 代表取締役社長 藤垣 正純(ふじがき まさずみ)
資本金 : 9,500万円
事業内容: 電磁波ノイズ試験器・測定器の開発・販売
URL   : http://www.noiseken.co.jp

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング