Webサイト全体を通した本質的な課題を可視化する「カスタマージャーニー分析」によるWeb設計支援サービスの提供開始!

@Press / 2014年4月7日 12時0分

カスタマージャーニー分析の手順と実施内容
 株式会社博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平林 誠一、以下 博報堂アイ・スタジオ)は、アクセスログ解析や市場調査などの定量データに基づく生活者の行動分析と、ユーザーエクスペリエンス(以下 UX)専門家によるエキスパートレビューなどの定性データを融合し、顧客体験にもとづくWebサービス全体の有用性を包括的に評価する手法「カスタマージャーニー分析」による最適なWeb設計支援サービスを本日より開始いたしました。

 近年登場したスマートデバイスやSNSの急速な普及により、Webを使った情報流はマルチチャネル化しています。Webサイトが様々な場所やデバイスから閲覧可能になったことで、生活者のWebサイト利用状況も購買プロセスに合わせて多様化してきています。例えば、自宅ではPCから欲しい商品の情報を確認し、外出先ではスマートフォンから店舗の地図を確認するなど、一度のWebサイト閲覧で全てのプロセスが完了しない場合も少なくありません。
 その一方で、分析ツールのめざましい進化により、生活者の行動データの取得・分析が容易になり、データごとの傾向分析や行動予測が可能になってきています。企業がWebサービス全体を通して閲覧者の態度変容を含めた広範囲の評価を行うためには、これらの定量データ分析から「ユーザーストーリー」を導き出し、ストーリーに基づいた定性評価を実施し、現状サイトとのずれを探る「UX」視点で評価することが不可欠となります。

 博報堂アイ・スタジオは、2014年3月に新設したデータドリブン・クリエイティブチーム所属のUX専門家社員によるアクセスログ解析や市場調査からの傾向分析をもとに「カスタマージャーニーマップ」を作成し、「ユーザーストーリー」を導き出します。さらに、独自のウォークスルー分析(※1)とエキスパート評価を行うことにより、クライアント企業が対象とする顧客の行動パターンや情報ニーズを明確にし、顧客体験に適したWeb設計を支援いたします。
 今後、「カスタマージャーニー分析」にもとづいたWeb設計から、制作開発、運用まで一貫してサービス提供を行い、生活者にとってわかりやすく、信頼性の高いWebサイトを構築することで、クライアント企業の企業価値向上につとめてまいります。

(※1)ウォークスルー分析とは、目的コンテンツまでユーザーを適切に誘導できているか、流れに沿って分析する手法

@Press

トピックスRSS

ランキング