床ずれ(褥瘡(じょくそう))は地域で看る! 「イオン在宅‘床ずれ’ケアセミナーin 鎌ケ谷」が開催されました

@Press / 2014年4月9日 13時0分

活発な討議が行われました
イオンリテール株式会社(本社:千葉県千葉市)は、去る3月15日千葉県鎌ケ谷市にて、同地域の床ずれケアに携わる医療・介護従事者を対象に、地域密着型の在宅床ずれケアセミナーを開催しました。
今回のセミナーでは、「床ずれ(褥瘡)は地域で看る!」をテーマに、「床ずれケア」分野のOHスケールの考案者である大浦 武彦先生(北海道大学名誉教授)と、地元・千葉県の医療・介護分野でご活躍の加瀬 昌子先生(国保旭中央病院皮膚・排泄ケア認定看護師)、永谷 計先生(板倉訪問クリニック院長)に講演していただき、活発な議論が交わされました。
なお、本セミナーの開催には、日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会と千葉県鎌ケ谷市にご後援いただき、医療・介護関連企業4社(アルケア株式会社、イーエヌ大塚製薬株式会社、株式会社タイカ、ユニ・チャーム ヒューマンケア株式会社)に協賛いただき、開催となりました。


■在宅医療で高まる床ずれ(褥瘡)リスク
今回のセミナーは、イオングループの「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」の企業理念を基に、急速な高齢化社会の到来により高まりつつある在宅治療へのニーズ、特に「床ずれ(褥瘡)リスクの高い方の増加にどう対応して行けば良いのか」を議題としました。

在宅での床ずれケアでは、その予防と適切な治療・栄養管理が重要となり、そのための医療・介護の多職種の連携が不可欠となります。本セミナーでは、在宅でできる床ずれケアの最新の方法や、医療機関と在宅介護が連携した床ずれケア事例が紹介されました。
会場には、地域の医療・介護従事者の方々約100名が参加し、先生方の講演、討論会に熱心に聞き入り、質疑応答も活発に行われました。
また、当日、会場では協賛各社の床ずれケア関連商品の展示や解説も行われ多くの参加者の関心を集めました。

<セミナー風景>
http://www.atpress.ne.jp/releases/45116/img_45116_1.jpg


■セミナー概略
開催日時:2014年3月15日(土) 13:20~16:30
     <セミナー風景>
     http://www.atpress.ne.jp/releases/45116/img_45116_2.jpg
会場  :新鎌ヶ谷Fタワー 10階会議場
参加者 :床ずれケアに携わる医療・介護従事者
主催  :イオンリテール株式会社
協賛  :アルケア株式会社、イーエヌ大塚製薬株式会社、株式会社タイカ、
     ユニ・チャーム ヒューマンケア株式会社
後援  :日本在宅褥瘡創傷ケア推進協会、千葉県鎌ケ谷市
登壇者 :
1.開会の挨拶
・小川 孝之 イオンリテール株式会社 ケアサービス事業 プロジェクトチームリーダー
2.「床ずれ(褥瘡)治療の変遷~病院から在宅へ~」
・演者:大浦 武彦先生 北海道大学名誉教授/医療法人社団廣仁会 褥瘡・創傷治癒研究所 所長
3.「病院と在宅の地域連携~当院の取組みの実際~」
・演者:加瀬 昌子先生 総合病院国保旭中央病院 皮膚・排泄ケア認定看護師
4.「みんなでつくる地域連携~船橋南部在宅療養研究会の取組み~」
・演者:永谷 計先生 医療法人弘仁会 板倉訪問クリニック 院長
5.総合討議「在宅床ずれ(褥瘡)を地域で推進するためには」
・討議者:大浦先生、加瀬先生、永谷先生
6.閉会の挨拶
・遠藤 一郎 イオンリテール株式会社 イオン鎌ヶ谷店 店長

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング