トライフォー、NTTスマートコネクト、NTT西日本の協業による医用画像共有クラウドサービス「Nadia クラウド for 研究会」の提供開始について

@Press / 2014年4月9日 14時0分

 株式会社トライフォー(本社:東京都中野区、代表取締役:広瀬 勝己、以下 トライフォー)、エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:窪薗 竜二、以下 NTTスマートコネクト)及び西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)は、ICTによる医療の効率化と質の向上を目的に、クラウドサービスの開発・提供に向けて協業していくこととします。
 本協業の第一弾として、CTやMRIなどの医用放射線画像をデータセンターにアップロードして、研究会、学会、症例検討会(以下 研究会)などのカンファレンス向けに、医用画像を閲覧・共有できるクラウドサービス「Nadia クラウド for 研究会」をトライフォーから2014年4月10日(木)より提供開始します。


1.協業に至った背景
 近年、少子高齢化の急速な進展に伴い、医療分野においても、国民医療費の高騰、健康の維持増進、医師不足・偏在、医療リソース不足等多くの課題があり、中でも、疾病の予防及び早期発見に向けた専門性の高い放射線科医の必要性がより一層高まっています。※1
 全国の医療機関においてはCTが約13,000台、MRIが約6,000台導入されており、日本の人口百万人あたりの検査装置の台数は、世界的に突出して多く第一位ですが、診断をする放射線科医は約6,000人となっており、CTおよびMRI装置台数あたりの放射線科医が世界的に見ても非常に少なく、専門性の高い放射線科医の業務効率化及び育成が急務となっています。※2
 このような背景のもと、長年医療現場で培ったノウハウを活かして、放射線レポート作成システムの開発・導入、遠隔診断システム構築など、多くの実績を持つトライフォーと、ネットワークやデータセンター基盤、クラウド技術を活用したシステム構築に多くの実績・ノウハウを持つNTT西日本グループ(NTT西日本、NTTスマートコネクト)は、医療クラウドサービスの開発・提供に向け協業を行い、ICTによる医療の効率化と質の向上に向けて取り組んでいくこととなりました。

※1 (出典)
内閣官房内閣広報室「平成24年これまでの取組状況と今後の課題(医療分野)」
※2 (出典)
OECD Health Data 2013
厚生労働省「平成24年(2012年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況」
日本放射線科専門医会(JCR)「諸外国における放射線科医の実態調査」

@Press

トピックスRSS

ランキング