トリップワイヤ・ジャパン、Tripwire IP360新バージョンとクラウド型脆弱性管理ツールのリリースを発表 ~変更検知から脆弱性管理まで、リスクベースのセキュリティ・コンプライアンス管理ソリューションをご提供~

@Press / 2014年4月17日 10時0分

包括的な脆弱性リスク管理
トリップワイヤ・ジャパン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:杉山 富治郎)は、2014年4月17日、脆弱性管理ソリューション「Tripwire(R) IP360(TM)」の新バージョン「Tripwire IP360 7.3」とクラウドベースの脆弱性管理を実現する「Tripwire PureCloud」を発表します。

トリップワイヤの「Tripwire(R) Enterprise」は、変更検知のディファクトスタンダードとして、2005年の発売開始以来、ワールドワイドで90ヵ国7,000社、国内においても、官公庁、金融、大手企業を中心に約1,000社を超えるお客様に導入いただいてきました。
この度、昨年6月より発売を開始した「Tripwire IP360」の更なる機能拡張に加え、「Tripwire PureCloud」の発売を開始し、脆弱性管理分野製品のラインナップが拡充されたことによって、変更検知から脆弱性管理まで、リスクベースのセキュリティ・コンプライアンス管理ソリューションを包括的にご提供できる運びとなりました。


【Tripwire IP360について】
「Tripwire IP360」は、ネットワークのリスクの包括的なビューを提供する、エンタープライズクラスの脆弱性・リスク管理ソリューションです。レポートのカスタマイズ、脆弱性の優先順位付け、効果的にリスクを削減するための対応策を提示します。

<Tripwire IP360の特長>
・正確で安全なネットワーク・アプリケーションプロファイリング
・優れたスコアリングシステムによる優先順位付け
・スキャンの履歴管理とコンプライアンスのレポート機能

「Tripwire IP360」により、数千もの企業や政府機関は、組織に内在するセキュリティリスクの評価と管理をコスト効率良く実施できるようになります。最新のOS、アプリケーション、脆弱性を網羅する同製品は、ネットワーク上のあらゆるデバイスをエージェントレスで検出するソリューションとしての業界標準を確立し、各システム上のセキュリティリスクを正確に評価するための理想的な基盤となります。

今回発表する最新バージョン(7.3)には、拡張された仮想化機能がサポートされています。また、迅速かつ柔軟な導入と拡張、容易な管理、俊敏なレポーティングを可能にする各種ユーザ支援機能も搭載されました。
受賞歴も持つ脆弱性管理ソリューション「Tripwire IP360」のバージョン7.3は、2013年4月にトリップワイヤがnCircle社を買収して以来4番目のリリースにあたります。これまでのリリースで、数十もの改善が施され、脆弱性管理の網羅性も著しく強化されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング